Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

航空券を格安,底値で買う方法とは?保存版.飛行機の席は窓側か通路側か?飛行機からの空の画像,写真


航空券をほぼ底値で検索、購入するのは、ずばり、2通りあります。
ひとつはスカイスキャナーというサービスを利用するのと、
もう一つは楽天トラベルというサービスを利用する方法です。

どちらも、自分で調べようと思っても、
なかなか正しい情報に行き着かないので、

正しい情報にすぐに行き着けるように、
リンクを貼っておきました。

こちらから【スカイスキャナー】で検索してみる

こちらから【楽天トラベル】で検索してみる

窓側の席に座るか?通路側の席に座るか?

あなたは飛行機に乗るとき、窓側希望ですか?

それとも、 通路側希望ですか?

これは、もう、永遠のテーマですよね。。。

もちろん、チャータージェット機
あるいは自家用飛行機を有していて、
客室に1席しか無いような席に乗れる VIP は 別ですが(笑)

今回は、窓側の席と通路側の席のメリットとデメリット、
航空券を安くお得に買う方法についてご紹介します。

海外旅行でほぼ必須の航空券を購入するときの注意点とは?

通路側の席にするか、窓側の席にするか、
わたくしが 飛行機に乗り始めた頃は、
窓側を希望していました。

理由は簡単で、
窓際の席を選んだら景色が見られるから。
でも、窓際の席のデメリットも大きいんですよね。
なにせ、
  • 狭い。
それと、
  • フライト・アテンダントに声をかけにくい。
11時間、12時間の長時間フライトだと、
  • ずっと座ったままだと、体に良くない。
だから、
  • 適度に通路を歩きまわりたいが、それもできない。
長時間高高度を飛行していても、
  • 雲ばっかりで、あまり景色が変わらない(汗)
 

などなど。

それで、ここしばらくは、通路側の席に座って、景色は諦めていました。

ちなみに、英語で、「窓際の席」のことは、そのまま

窓際の席: window seat (ウィンドゥ スィート)

といいますが、
通路側の席のことは、英語なんと言うかというと??

通路側の席: aisle seat (アイル スィート)

っていいます。

世界中、日本語はどこでも通じませんが、
飛行機の受付カウンターなら、英語はどこでも通じます。

座席希望を聞かれたとき、
【通路側席】を希望する場合は、
「aisle seat」 希望って言ってくださいね。

「aisle 」の「s」はこの場合、読みませんのでご注意を!!
「アイル」であって、「アイスル」じゃありません。

これはちょうど、「island」を「アイランド」と読むのであって、
アイスランド」とか、
イスランド」とかとは読まないのと似ています。

ということで、通路側をしばらく使っていました。

でも、最近、ブログ用の写真を撮るようになってから、
今一度、窓側の席の価値を再認識するようになりつつあります。
やっぱり、構図を決めたり、
色加減をみたり、

「今ここで!」という、

絶妙なタイミングでシャッターを切るということができるのは、
やはり
窓際にしか出来ない特権です。

窓際族に降格希望です(笑)

今回撮った この写真は、
ペガサス航空の飛行機の窓からの写真です。

見えている地面は、トルコの大地です。
飛行機から撮った空の画像 写真 ペガサス航空の飛行機の翼の端っこが少し見えている 翼端過流(Wingtip Vortices)を防ぐのに有効
ペガサス航空の、翼端過流(Wingtip Vortices)を防ぐ
ウィングレット (winglet、翼の端っこのシュッと上向いてる部分) が見えてます。

私としては、空、雲、夕日よりも、
そういう、機械工学的なところに目が行ってしまうんですが(笑)
それにしても、綺麗ですねぇ。。

誰かこの写真買ってくれないかな?(笑)

この写真を撮る時に乗った飛行機の航空券を買うときにも、
先に紹介した「スカイスキャナー」を利用しました。

他にも航空券の購入方法としては、ないこともないんですが、
他の方法の場合は、航空券の値段が、
「めちゃめちゃ安いじゃん!」と思って、
購入手続きを最後まで進んでみると、
色々入力した後の、
手続きの最後の最後で、

燃油サーチャージやら、空港税やら手数料やら
消費税やら必須オプションやら

なんやらかんやら うんだらかんだら、
いっぱい加算されて、
最終的には、めちゃめちゃ高額な料金になるという
残念でお始末な結果になることが多々あります。(T_T)

結局、最初に書いてあるこの値段では絶対に買えないじゃねーか!!
っていう気持ちになるわけです。

幸い、スカイスキャナーであれば、
為替レートの若干の差があるかもしれませんが、
最初の値段に、【後からあれもこれも必須の追加料金加算】みたいな
ずるいことにはなってません。

それで、個人的にはスカイスキャナーがお気に入りです。

どこかに行くか行かないかは別として、
どこにいずれ行くとしたら、いくらくらいで、どんな航空券があるか、
試しに色々探ってみてください。

実際に「行こう」ってなった時の、大体の見当がつきますし、
いざ、「買う」ってなったときに、練習をし終わっているので、
スムーズに購入に進めます。

一応、定番の楽天トラベルを利用する手もあります。

まぁ、あと、よかったら、このページ( https://toruko-neko.com/sky)を
あなたのウェブブラウザ(グーグル クロムとか、サファリとか)の
【お気に入り】に登録しておいていただければ、
夕焼けの綺麗な写真を見て、かつ、航空券も底値で検索できるんで、
このページをお気に入りにいれといてくださいませ。

ではでは、このトルコ猫歩きの、このページのお気に入り登録が終わったら、
航空券、旅行検索をお楽しみくださいませ。

楽天トラベルを見てみる

ページトップへ戻る