原則と規則の意味の違いを日本人が決して理解できない理由とは?

原則と規則の意味の違いを日本人が決して理解できない理由とは principles laws

規則ばっかり作るのが好きな日本人は、
原則で行動することが苦手であるといわれていいます。

でも、日本人が原則と規則の違いを理解できないのは、
至極 当然なんです。

我々 日本人が、なぜこの違いを
決して理解できないのかについてわかりやすく解説します。

「原則」という言葉の定義とは?

Advertisements.


「原則」という言葉は、
英語のPrinciple という単語に対する訳語として用いられていることが多い単語です。
英語では、Principle という語は、次のように定義されています。

Principles are fundamental truths that never change, regardless of time or circumstance. They provide the basis on which specific laws are founded.

一応、日本語にしておくと、
『 Principle(s)とは、時間や状況のいかんを問わず、
絶対に変化することのない基本的な真理・真実のことです。

Principle は、基礎・基盤を規定しており、
その規定された基礎・基盤の上に、
特定のlaws(法律・規則など)が成り立っています。』

とのこと。ここで、着目したいのは、Principle は、
「どんなに状況が変化しようとも、
どんなに何年先になっても、
あるいは、どんなに何億年前にもさかのぼったとしても、
「絶対に例外が出てくることがありえない 基本的な真理・真実のこと」をいっているのです。

ここで、感の鋭い人は
「え?」とか、「おや?」と、気付いたことでしょう。

「『原則』って、そんな意味だっけ?」
と思ったあなた、それで正解です!!!

日本語で言うところの、「原則」は、
本来、英語で言うところの Principle とは全く違う意味なんです。

Advertisements..

原則という日本語の言葉に関する
日本の各 辞書による定義とは?

「広辞苑(第6版)」によると、原則とは、次のように定義されています。

「原則:① 他の諸命題がそこから導き出される基本の命題。
② 人間の活動の根本的な規則。基本的なきまり。原理とほぼ同義に用いられるが、原理はむしろ存在の根拠を意味する。「―から外れる」「―として許可しない」 」
まぁまぁいい線行ってますよね。広辞苑の定義。

「岩波 国語辞典」 によると、

「原則:(特別な場合を除き多くの場合に適用される,根本的な法則。」
これもいい線行ってますよね。感覚的に、そういう雰囲気で使うことが多い単語です。

「藤堂 漢字源」を見ても、

「原則:多くの場合に適用できる,もとになる法則。」
とあります。

どの辞典を見ても、
『原則とは、多くの場合に適用でき、特別な例外を除き適用される基本的な規則』である
ということで落ち着いています。

そうなんですよ。日本語でいうところの、
「原則」という言葉には、「例外」が存在する。

というか、

むしろ、例外をいうために、「原則」という言葉を使いますよね?

たとえば「原則、門限は夜の11時」という貼り紙があったら、どう考える?

たとえば、「原則、門限は夜の11時とする。」という貼り紙が、
寮に掲げてあったとしたら、
「ということは、絶対に11時の帰ってこないといけないんだ!」と思う人が、
日本人の中に、一人でもいるでしょうか?

いいえ、そんなことを考える日本人は、たったの一人も、いませんよね?

「原則、門限は夜の11時とする。」って書いてあったら、
「あー、この規則には続きがあって、11時を超えても良いときがあるんだな?」と、誰しも思います。

原則、門限は夜の11時とする。
但し、やむを得ない事情がある場合は、臨機応変に対応するので、その都度、寮長に相談のこと。」という風に、
【但し書き】が続いて、「例外の規定があるんだろうな」ということが、期待されます。

ですので、「原則、、」とあれば、ちょうど、
文章中に「決して」とくれば後に必ず「~ない」が来るとか、
古文の「こそ」がくれば、その後の結びは「~すれ」になる、みたいな感じで、
「呼応の副詞」とか、「係り結びの法則」のように、
「原則」と言われれば、「但し、その後には例外規定が続く」ということが自然に予期される表現なのです。

英単語の Principle(s) と日本語の 原則 という単語の対比

ところで、振り返りますが、英語のPrincipleはどういう意味だったか?

そう。「Principle とは、絶対に例外が存在しない基本的な真理・真実」なんですよ。

これに対して、日本語の「原則」とは、「多くの場合に適応できる規則であるが、むしろ、例外があることを暗示するために使用される言葉」なんですよ。

重大なポイントに気づかれましたか?

つまり、Principle の訳語として、「原則」を当てているようでは、
ニュアンスが違うとか、フレイバー(風味)が違う、、どころではなく、
もう、まるっきり真逆のことを意味しているんですよ。

こういう理由があって、Principle の訳語に、「原則」という言葉を使っている以上、
日本人が、本当の意味での「原則」と「規則」の意味の違いを理解するということは、決してありえないのです。

 Principle に対するテキトー・適切な日本語の単語とは?

「んじゃー、Principle には、どの日本語を当てるといいの?」
という話の流れになりますが、
Principle に対する適当・適切な日本語の単語が無いんですよね。

「原理」ぐらいが妥当ですが、原理、というと、主に物理法則のところで使う用語なので、
ちょっとニュアンスがずれますよね。

ということで、どうしてもピッタリの単語がないんなら、
もう、日本語に、英単語をそのまま入れ込んで、
「Principle とは、時代や状況のいかんを問わず、絶対に例外の存在しない基本的な真理・真実のことである」と書くしかないですね。

それが、じーさん・ばーさんには受け入れられないということなのであれば、
「プリンスィプル とは、時代や状況の、、、」と、事実上の翻字(ほんじ)を使うしかないですね。

日本語で 原則と規則は どう違うのか

しかも、「広辞苑」の定義にもあるように、
日本語では、「原則とは・・・根本的な規則」と定義されていることからもわかるように、
究極的にいうと日本語では、「原則とは、・・・規則」なんですよ!

PrinciplesとLawsは、まったく別物であるから、
なんとかその違いを理解しようと ディスカッションしようとしているのに、
「原則とは、・・・規則」であるという定義があるようでは、
その違いを理解できるわけがありませんよね?

このページを閲覧上の注意点をひとこと

ただし、この情報は、このページに来ていただいて、
このページを読んでくださっているあなたが、
「原則」と「規則」の違いを理解できるようになるということのみが目的です。

他の目的は一切ありません。


このページにわざわざきて、ここまで読んでくださった あなたが、
「あー、例外のない絶対的真理(Principles)と、とりあえず間に合わせに作った決め事(Laws)との違いのことを言っていたのか」とわかってもらえれば、それで十分です!

他の目的では使用しないくださいね。お願いですから。

間違っても、『豚に真珠を与える』ようなことはしないでください。

PrincipleとLawの違い、原則と規則の違いを、
日本人が決して理解できない理由のまとめ

  • 日本では、Principleの訳語として、「原則」という言葉が当てられている。
  • 本来、「Principle とは、時代や状況のいかんを問わず、いかなる状況においても、絶対に例外の存在しない基本的な真理・真実のこと」を意味している。
  • 日本語でいう「原則」は、例外が存在することをいうために使う言葉である。
  • Principleの日本語訳に「原則」という言葉を当てている限り、日本人が『原則』と『規則』の違いを理解することはありえない。
  • やはり、豚に真珠を与えるべきではない。
では、引き続き、ベールのかかった真理・真実をたくさん紹介していきますから、
ご期待くださいね。


Advertisements...

このページの先頭へ