Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

チャッカマン・ガスライターのガス補充の方法

チャッカマンに補充ガスを補充している画像 写真


花火、ガスコンロ、卓上コンロなどの着火に、
必須のアイテムになりつつある、着火マンですね。
ちなみに、チャッカマンというのは、こういうのです。↓


トルコ では、チャッカマンに補充するガスが売られていて、
それを補充するだけで、限りなく何回もチャッカマンを使用しつづけることができます。

しかも、補充ガスは、チャッカマン本体よりも安い!

こんな方法があるなんて知る前までは、ガスコンロの着火に使うチャッカマンの
ガスが無くなるたびに、
新しいチャッカマンを購入していました。

でも、補充ガスが売っているということを知ってからは、
補充ガスを使うようにしています。

いままで、ガスが無くなるたびに
新しいチャッカマンを買っていたのはなんだったのか・・・?

ガス補充時の注意点とは?

チャッカマンの中にあるガスが完全に無くなった時にだけ、
ガスを補充します。

チャッカマンにガスが残っている時には補充してはいけません。
でも、どうしてもいっぱいにしたいときは、
チャッカマンの中に残っているガスを抜ききってから、
補充しないといけないらしいです。

ガスを補充するとき、【補充するガス缶の管の先端】と、
【チャッカマンのガス挿入され口】がぴったり合うように、
まっすぐ位置合わせをしないといけません。

あまりいい例えを思いつかないですが、
リレーの時に使うバトンを地面に垂直に立てて、
そのバトンの中に水を注ぐようなイメージです。

バトンがちょっとでも斜めを向いていたり、
接触面がでこぼこしていたりしたら、
バトンと地面の隙間から、
非常に簡単に水が漏れ出てしまうのと同じです。

ガス缶の中には圧力がかかっていますから、
その圧力で、チャッカマンの中に、ガスを押し込むわけですが、

上述の通り、接続面は管と平面で隙間がないようにしないといけないし、
でも、隙間が完全になくならないようになんて、どう考えても無理ですから、
角度を真っ直ぐにするようにした後は、
多少の漏れはしょうがない、と割り切って、
1秒程度、「ジュッッ」と入れたら、それでおしまいです。

自転車のタイヤ・チューブに空気を入れるイメージで、
長いことしないといけないとか思っていたら、
ガスが漏れる量が増えるだけで、正しく充填できません。

1秒くらいで入れ終わるものと認識しておきましょう。

あと、ガスは、当然、可燃性のガスなので、
できれば、屋外で充填するほうがいいでしょう。

それと、もちろん、火の気の無い所で
作業する必要があります。

日本にチャッカマン用の補充ガスはあるのか?

残念ながら、日本には、ごく一部の例外を除き、
チャッカマン用の補充ガスはありません。

効率が良くなって、能率が上がってしまうと、
ビジネスにおいては、カネが回らず、
商売にならないとかいうことないんでしょうね。

ちなみに、電気の送電も、元々は、
金属の銅 無しでもできるはずだったんですが、
銅の素材メーカーが、
それでは、銅の需要が無くなり、
自分の商品が売れなくなってしまうということで、
金属不要の送電の発明を抹消させたといわれています。

まぁあまりにも真実を暴露しすぎると、
目を付けられるので、
止めときますが。

石油にしろ、宝石にしろ、貴金属にしろ、
それを使用せずに成り立つ発明をしてしまうと、
危ないみたいですね。。。

チャッカマン補充ガス補充のまとめ

  • トルコでチャッカマンを使う必要がある場合は、
    補充ガスを補充した方が経済的。
  • トルコだけでなく、補充ガスを利用できる国は、他にもたくさんある。
  • ガスの補充は屋外で、火の気の無い所でおこなう。
  • ガスの補充は、長くても1秒程度。
  • 多少の漏れはしょうがないが、できるだけ漏れないように、
    角度をまっすぐにすることに注意する

  • これらの注意点を守って、使ってみてくださいね。
    なお、楽天で便利なチャッカマンが買えます。
    これから、花火をしたり、
    蚊取り線香に着火する用に、
    一つあってもいいでしょう。

    品切れになる前にお得なチャッカマンを楽天で見てみる
    (↑こんなに安いのに、送料無料とのこと↑)

    ページトップへ戻る