トルコのラマダン(ラマザン)中のイベントの写真

トルコでは、ラマザン(ラマダン)という時期があります。
これは、太陰暦に基づくもので、
毎年毎年10日から11日ずれて(早くなって)ゆきます。
2016年は6月6日から7月7日までの一ヶ月間。
ちなみに2017年は5月26日から6月26日がラマダンとなります。


Advertisements..

ラマダン期間中の人々の様子

このラマダン期間中、多くのトルコ人は、日中、飲食をしません。
飲食できる時間は、日が沈んでいる時間よりも、短いです。
断食、というと、水は飲んでOKなイメージがありますが、
トルコでラマザンを守る人は、
この時間中は、水も飲みません。
タバコも吸いません。

ただし、それは、上で述べた時間だけのこと。
ご飯を食べられる時間になると、
それはそれは、もう、ドカ食いします。
だって、一日分を一気に食べないといけませんからね。

この1ヶ月間、夜が非常に騒がしいです。
夜中の2時に、太鼓を持って、
「さぁ、皆さん、ご飯を食べてくださいよ」って
ドンドンと叩いて、練り歩く人がいます。

それで叩き起こされるので、
ラマザン期間中は、こちらもぐっすり眠れません。
トルコ猫歩き イスタンブール ベイオールで ラマダン ラマザン期間中のイベントの写真 画像
今回の写真は、一日の最後のお祈りが終わった後に振る舞われる食事用の机と椅子みたいです。
道路を占拠するんで、
行政が目を光らせて、
管理して(くれて)います。

とはいえ、ラマザン中も多くのレストランは開いています。
トルコ人は、ラマザンの慣行を、他人には強要したりはしません。

ただし、レストランのウェイターは、ラマザンを守っていることが多いので、
目の前に食べ物があって、
客には振る舞うけれど、
ウェイター本人はお腹が空いていても食べられない、という現象があります。

このまえ、ウェイターが、とても疲れた様子で、ぐったりしていたので、
「どうしたのか?疲れているのか?」と聞いたら、

「今はラマザン期間中だから、非常にお腹が空いている」という回答でした。
そのウェイターの目の前で美味しいトルコ料理をお腹いっぱいいただきまし。。。

まぁ当然のことながら、猫ちゃんは、そんなことお構いなしに、いつもどおり、
水を飲んでますし、キャットフードも食べてますょ。


Advertisements...

このページの先頭へ