イスタンブールでは、ナイジェリア料理も試せる。どんな味?

ナイジェリア料理の写真 画像 メロン ヤム芋からできたでんぷん質の食べ物、飲水が写っている

イスタンブールは、ヨーロッパとアジアを両股にかけ、
存在している非常に大きな都市です。


スポンサードリンク

イスタンブールには、
非常に様々な国々から人々が集まって来ています。

イスタンブールで開催される会議に参加したら、
39カ国の人々と話すということも普通にあります。

それで、イスタンブールでは、
トルコ料理だけでなく、
別の国の料理も試食できます。

今回は、アフリカの国の一つ、
ナイジェリアの料理についてご紹介しましょう。

ナイジェリア料理「メロン」と、芋からできた食べ物

今回ご紹介するナイジェリアは、
ナイジェリア人いわく、
「メロン(果物のメロンとは別物)」という名前らしいです。
トルコ イスタンブールで ナイジェリア料理、メロンという料理がある。芋から取られた食べ物と飲み水の写真 画像

左側に写っているのが、その「メロン(おかず)」です。

どんな味かというと、
【激辛カレーよりもさらに辛いスパイシーカレー】という感じです。

何回か食べてきましたが、
最初の頃は、そのスパイシーさが
あまりにもスパイシー過ぎて、
水をいっぱい(二杯以上)飲んでも、
なかなか食べ進められませんでした。

真ん中に写っているのが、
飲み水です。

回数を経るにしたがって、
この辛いナイジェリアカレー、「メロン」もようやく、
慣れて食べられるようになってきました。


スポンサードリンク

ナイジェリア式には、右手の指で食べ物を口に持ってくる

それと、
ナイジェリア式には、
これを、右手ですくって食べます。

ですから、
食事の前後では、よく手を洗わなければなりません。

スプーンやフォークは使いません。

タンパク質、肉系統は、自分で選ぶことができ、

「魚のフライ」「七面鳥のフライ」「牛の踵の煮込んだ肉」
などがあります。

今回は、魚と七面鳥のフライを チョイスしました。

中学生の地理で習ったアフリカの食物 ヤム芋、タロ芋

ナイジェリア料理の写真 画像 メロン ヤム芋からできたでんぷん質の食べ物、飲水が写っている

あと、右の方に写っている、
なんか『オシボリ』みたいな白いものは、
これも れっきとした食べ物です。

ナイジェリアの芋をすりつぶして、
お餅みたいにして食べる 食べ物です。

中学校の地理の時間に、
アフリカの食物として、
「ヤムイモ」、「タロイモ」、というのを習って、
教科書に文字だけを見たことがあったのを思い出しますが、

中学を卒業して、
長い時を経て、
まさか、トルコで、日本人が、英語を話しながら、
ナイジェリアのヤムイモ、タロイモの芋料理を食べることになろうとは、
なかなか想像つきませんでしたね。

ということで、
トルコ、イスタンブールでは、
トルコ料理だけでなく、
アフリカ ナイジェリアの美味しい料理も堪能できるんだよ~ということを
ご紹介しました。


スポンサードリンク
--------------------
ちなみに、私の京都大学大学院の後輩である 加藤 将太 君が、
起業に役立つセミナーを開講しています。

その加藤将太くんが、
5月11日に千葉テレビの「池本克之の社長のホンネ研究所」という番組にて、
年間2000人が学ぶ日本最大級の起業スクールを運営する
「マーケティングコンサルタンツ株式会社」社長として出演しました。

私も、海外生活を成功させるために、彼のセミナーから、かなりの事を学んできました。

加藤 翔太 君 が主催するセミナーでは、【起業センス】測定というオンラインテストを、
本来は5000円実費がかかるところ、なんと期間限定で無料で受けることができます!

ちなみに、現在の私の【起業センス】は、【71】 です。
(社会人の平均は【42】 この【起業センス】を上げないで、
海外で起業して、独立・滞在しようとすると、
海外生活は、ほぼほぼ失敗します。

失敗して大金を失ってしまわないためにも、
まず、【起業センス】を上げる方法を加藤さんの無料セミナーで学んで、
起業センスがいくつになるか 挑戦してみてくださいね。
加藤くんの無料のセミナーを受講をして次に進むと起業センスを測定することができるようになります。
↓↓下記のリンクをクリックして、セミナーを受講してから、起業センスを測定してみてくださいね。↓↓


⇒こちらから無料セミナーを受講して、期間限定の加藤将太さんの起業ビジネスセンスを測定してみる。



このページの先頭へ