トルコには緑色のチャイがある?どんな味?そもそも飲み物 紅茶なの? kivi çayı キウイチャイとは?

トルコ イスタンブールで緑色のチャイ キウイ チャイ キウィチャイ, kivi çayı, kivi cayi, kiwi tea
Advertisements

トルコで一般的なチャイというのは、
ご存知の通り、「赤くて透明な紅茶」ですね。

ちなみに、日本で「チャイ」というと、
インドのチャイのように、
紅茶に ミルクと砂糖をたっぷり入れた、
温かい「午後の紅茶」みたいなもの、
という認識があるような気がしますが、

トルコでのチャイには、
「ミルク」を入れることは、決してありません。

砂糖は、その人の好みで入れることもありますが、
いずれにせよ、砂糖を入れても、溶かすと透明になりますから、
トルコのチャイというのは、赤い、紅の色をした、
透明で澄んだ飲み物です。

しかし、
同じチャイ用のグラスに、
緑色の液体が注がれている物を発見しました。

これは、一体何なのでしょうか?そもそも飲み物なんでしょうか?

この緑色の液体の名前は?

この液体は、れっきとした飲み物です。
この飲み物の名前は、「キウィチャイ(キウイチャイ、キウィチャウ)」です。

トルコ語での表記は、kivi çayı です。
トルコ語には、「w」という文字がありません。
それで、外来語の「w」は、「v」で代用されることが多いです。
トルコ人は「v」を、アメリカ人のように下唇を歯で噛んでは発音しません。

また、「kivi キウィ」も「çay チャイ」もどちらも名詞なので、
2つ名詞がつながって、一つの名詞のような意味をもつ場合、
後ろの方の名詞の語尾に接尾辞がくっついて、
çay (チャイ)が çayı(チャウ)に変化します。

でも、çayı(チャウ)の発音は、日本語に無いため、カタカナ表記できませんが、
敢えてカタカナにして、「キウイチャウ」と書くと、なんか、
「これはキウイではない」と言っているようにも聞こえて、
何のことを言っているのか、わからなくなりそうなので、
「キウイチャイ」と表記することにします。

ということで、この 緑色の液体の名前は、
kivi çayı キウイチャイ です。

キウイ チャイはどんな味か、砂糖を足すかどうか

キウイチャイは、ほんのちょっと酸っぱみが足された、
ただただ甘ったるい飲み物です。

はじめから、かなりの量の砂糖が入っているため、
これに砂糖を足して飲む必要はありません。

むしろ、砂糖を敢えて足して入れようとすると、横に居るトルコ人に制止させられます。

ちなみに、写真の左端に写っているのは、
紙で個包装されている角砂糖が、
ガラスの器に盛られている様子です。

キウイチャイの色は

キレイで透明な緑色をしていますが、
もちろん、これは、キウイフルーツという黄緑色の果物由来ではありません。

キウィチャイにキウイフルーツ果汁は入っているのか?

「ファンタ オレンジ」にオレンジ果汁が入っておらず、
果汁を入れ始めたことが話題になるくらいですから、
このキウイチャイに、キウイ果汁が入っていないのは、当然でしょう。

「キウイフルーツ」という果物は、トルコでは
値段が高い食べ物です。
わざわざ その高級食材の果汁を入れることは無いでしょう。

kivi çayı キウィチャイのまとめ

トルコ イスタンブールで緑色のチャイ キウイ チャイ キウィチャイ, kivi çayı, kivi cayi,  kiwi tea
  • キウイチャイは、無果汁のソフトドリンクです
  • 緑色は、合成着色料の色です
  • 砂糖は既に目一杯入っているから、これに砂糖を足すことはありません

  • 話のネタに、トルコの『普通の』紅茶 「チャイ」だけでなく、
    緑色の「キウイチャイ」も試してみられてはいかがでしょうか?


    Advertisements

    このページの先頭へ