トルコのスイカは一体いくらで買えるのか

先日の記事トルコのスイカの販売方法はどんなの?実に大胆!
にて、スイカに関する記事を書いたところ、


スポンサードリンク

「一体そのスイカはいくらで売っているのか?」という質問をいただきました。

いやぁ、反響があるというのは、記事を書いていても嬉しいものですね。
読んでくれている人がいるということで。

スイカは、その記事でもご紹介したように、
トラックで産地から直に運んできて、
売れそうな所で売られているものを買う、という購入方法があります。

また、今回の写真のように、スーパーマーケットでもスイカは買えます。
この売り方もまた大胆ですよね(笑)。
スイカをおっきなかごに入れて、おしまい。
それで運んできて、そのかごのままスーパーマーケットにて陳列して販売。
しかし、下のほうのスイカは 潰れてしまわないのだろうか?と心配になってしまいます。

淡路島のタマネギの収穫をみたことがありますが、
あの、収穫カゴの中に入っているタマネギも、下の方の分は、
かなり押しつぶされているんじゃないだろうか?
と心配したものです。

本題のスイカの値段 ですが、
これも、量り売りなので、
一個いくら、という形ではありません。

でもまぁ、だいたい、一つ五キロくらいですので、
一つ、200円から300円くらいといったところですね。

安いでしょうか?

買ったものの値段をいうのに、日本ではこれも文化の違いがあって、
面白いですよね。


スポンサードリンク

東京の人は、
自分がいかに高いものを買ったかで自慢する。

大阪の人は、 いかに安く買ったかで自慢する。

どちらにもその自慢する背景がありますね。
いかに高いものを買えるか、そういう財力をみせたい東京のひと。

同じ品質のものなら、値段が安いものを探し当てることのできる
情報収集能力を認めてもらいたい大阪のひと。

文化の違いというのは面白いもんです。

安いスイカを食べに、高い航空券を払ってでもトルコに来てみますか?(笑)
まぁ、何を優先順位の上位に置くかによって変わってきますね。

ちなみに、わたくしが食べるにはスイカ 1個まるごとって、
大きすぎるんで、なかなか買う気になれません(笑)
watermelon トルコ イスタンブール 猫歩き スーパーマーケットで金かごに入れられてスイカが売られている写真 画像

いちごとか、チェリーとか、桃の大きさで十分です(笑)
それか、スイカをわたしと分けて食べるために、トルコに来てみますか?(笑)


スポンサードリンク
ちなみに、私の京都大学大学院の後輩である 加藤 将太 君が、
起業に役立つセミナーを開講しています。

その加藤将太くんが、
5月11日に千葉テレビの「池本克之の社長のホンネ研究所」という番組にて、
年間2000人が学ぶ日本最大級の起業スクールを運営する
「マーケティングコンサルタンツ株式会社」社長として出演しました。

私も、海外生活を成功させるために、彼のセミナーから、かなりの事を学んできました。

加藤 翔太 君 が主催するセミナーでは、【起業センス】測定というオンラインテストを、
本来は5000円実費がかかるところ、なんと現在のところ無料で受けることができます!

ちなみに、現在の私の【起業センス】は、【71】 です。
この【起業センス】を上げないで、
海外で起業して、独立・滞在しようとすると、
海外生活は、ほぼほぼ失敗します。

失敗して大金を失ってしまわないためにも、
まず、【起業センス】を上げる方法を加藤さんの無料セミナーで学んで、
↓↓起業センスがいくつになるか 挑戦してみてくださいね ↓↓


⇒こちらから無料で加藤将太さんの起業ビジネスセンスを測定してみる。


このページの先頭へ