英語で「私,猫好きです」のつもりで「猫の肉が好きです」って言ってない?

英語で、「私、猫好きなんですよ」と言うつもりで
I like cat!
っていう英語を言ったりしてませんか?

でも、それって、
「私、猫の肉を食べるのが好きなんです!」
っていう全く違う意味なんですよ!!

正しくは何といえば良いのでしょうか?

正しい英語を話すにはどうすれば良いんでしょうか?

英語で I like cat! ってどういう意味?

catleg トルコ猫歩きで、イスタンブールの猫が毛づくろいのために足を上げている写真 画像

【表現のための実践ロイヤル英文法】という英文法の権威書の341ページによると、
『もしも、I like cat のように、catが「裸の単数形名詞」になっていたら、
catは、不可算名詞として使われており、
catは材料などを示す物質名詞としてしか受け止められない。』
つまり、「私は、鶏肉でも豚肉でもなく、猫肉を食べるのが好きなんですよ~」
というまったく別の意味の文になってしまうのだ。
とのことです(原文ではイグアナ iguana(iguanas) )。

では、英語で「私は猫が大好きです!」って何といえば良いのでしょうか?

正しく英語で表現するなら、I like cats!

pluralcats 4匹の猫がトルコのイスタンブールでたむろしている画像 写真
まぁ、まさか『猫肉を食するのが好き』っていう日本人はそうそういないだろし、
あなたもそう言いたいわけじゃないでしょう。

おそらく10人が10人、
「私、猫がかわいいので大好きです」と表現したいはず。

その場合は、
I like cats. と、
catを 複数形で表現するようにしましょう。

英語の単数形と複数形、冠詞の意味合い

このように、英語には、
単数形 複数形、冠詞の明確な違いが存在します。

つまり、例えばcat を例に取ると、
cat,
a cat,
cats,
the cat
the cats
は、それぞれ まったく別の意味を持つ、ということですね。

日本語にしたら、みんな「猫」の一言で終わってしまいますが、
それぞれ、みんな意味が違います。

でも、厳密な違いって、
残念ながら、我々日本人には自然にはわかりません。

なぜかって?
なぜなら、我々は、ネイティブの英語話者じゃないから。

もう、しょうがないんですよ。

一つずつ覚えていくしかない。

「英語わかりません。」って、当然なんです。

誰もがそうです。

赤っ恥を書きながら、新たな言語は学んでいくしかない。

それでも、取り入れる知識が正しくないと、
間違った情報を取り入れることになってしまいます。

英語学習に最適の参考書3冊

tameme トルコ イスタンブールの猫が 撫でてもらって気持ちよさそうにしている写真 画像 トルコ猫歩き
日本人が英語を学ぶのに、一番良い書物が何冊かあるので、
ここで紹介しておきますね。
いずれも、日本での英語の権威書で、
わたくしもよく参考にしています。

受験英語だけでなく、実際に使う英語を学習するのに、
必須の三冊ですね。

特に、今回取り上げた、表現のための実践ロイヤル英文法は、
大絶賛の「ロイヤル英文法」の姉妹書で、新たに発行されたお勧めの良本です。

ネイティブじゃないとわからない、微妙な違いもはっきり書かれています。

是非一度買って一通り読んでみて、
「私、猫肉を食べるのが好きなんですよ」
って言わないように気をつけて下さいね。

特にお勧めの【実践ロイヤル英文法】を見てみる

このページの先頭へ