イスタンブールの観光の穴場?島をめぐる船の旅でカモメをとらえた画像@トルコ

イスタンブールはとても広い所で、
数日では名所をすべて巡ることはできません。


スポンサードリンク

ただ、イスタンブールの治安も悪化しているという噂、
そして、現に、クーデターもあり、
イスタンブールがどんなところのなのか、
トルコがどんなところのなのかを知りたいながらも、
なかなか行けない、という人も多いことでしょう。

そういうあなたのためにも、
このブログが役に立てれば幸いです。

イスタンブールの島巡りの船旅でカモメをとらえた決定的瞬間の画像 写真

今回は、イスタンブールの南側の島々を、フェリーが行き来しているので、
それを利用してその島々を巡った時に撮った写真をご紹介します。

イスタンブールの島をめぐる船から カモメが両翼を広げてこちらに口を開いている 画像 写真 背景に島々が見えている

私は、どの写真にも、一枚の静止画に、
躍動感をしまい込みたいと思いながら
シャッターを切っています。


スポンサードリンク

(シャッターを切るという、認知言語学的な表現が、
気になりますが。。。
今のデジカメ(厳密には、「デジカメ」は「サンヨー」の登録商標なので、
サンヨーの「デジカメ」じゃなかったら、
「デジタルカメラ」あるいは、
「デジタル式カメラ」と言わなければならない。。。
ただし、いつもいつも文法的に正しい表現で話せるわけがなく。。。)

・・・(デジカメ)には、シャッターがありませんから、
デジカメでシャッターを切れるわけがありませんから、
気になるのであります。

ま、そもそも、機械式の「シャッター」って、構造上、シャッターを「開く」のに、
なんで、「切る」って言うんですかね?
謎は深まるばかり。)

で最高の瞬間を撮るには、かなり苦労がいります。

何百枚もの失敗が背景にあります。
まぁそういった失敗作の上に、
ものごとはすべて成り立っているということですね。
イスタンブールの島をめぐる船から カモメが両翼を広げてこちらに口を開いている 画像 写真 背景に島々が見えている

我ながら、構図も、躍動感も、色も、シャッタースピードも、
鳥の表情もなかなか良いところが撮れたと思っているんですが、
いかがでしょうか。(笑)


スポンサードリンク
ちなみに、私の京都大学大学院の後輩である 加藤 将太 君が、
起業に役立つセミナーを開講しています。

その加藤将太くんが、
5月11日に千葉テレビの「池本克之の社長のホンネ研究所」という番組にて、
年間2000人が学ぶ日本最大級の起業スクールを運営する
「マーケティングコンサルタンツ株式会社」社長として出演しました。

私も、海外生活を成功させるために、彼のセミナーから、かなりの事を学んできました。

加藤 翔太 君 が主催するセミナーでは、【起業センス】測定というオンラインテストを、
本来は5000円実費がかかるところ、なんと現在のところ無料で受けることができます!

ちなみに、現在の私の【起業センス】は、【71】 です。
この【起業センス】を上げないで、
海外で起業して、独立・滞在しようとすると、
海外生活は、ほぼほぼ失敗します。

失敗して大金を失ってしまわないためにも、
まず、【起業センス】を上げる方法を加藤さんの無料セミナーで学んで、
↓↓起業センスがいくつになるか 挑戦してみてくださいね ↓↓


⇒こちらから無料で加藤将太さんの起業ビジネスセンスを測定してみる。


このページの先頭へ