トルコで人懐っこいのは猫だけではない。たまねぎ選定をおじちゃんが手伝ってくれた。

Advertisements

トルコの猫は人懐っこいというのは言うまでもありません。
ただ、猫だけが人懐っこいんじゃないんですよね、トルコは。

なんてったって、トルコの食料自給率は100パーセント!!ですから、
自分たちが食べる分は十分に自分たちで生産できる国なんです。
そりゃ、人類発祥の地もトルコにありましたからね。

土地が肥えていて当たり前でしょう。
農薬をそれほど使用しなくても、作物は丈夫に良く育つみたいです。
頑張れば小麦も1年に3回収穫できるそうですし。

それで、食べ物は豊富にあります。
果物も野菜も豊富にあります。

果物、野菜など食べ物を含め、色んな商品は、店の外にほったらかしに
’陳列’されています。
日本のような万引きがない、というか、取り放題というか。


Advertisements

まぁ、いたずらっこは、勝手に取って食べてますけどね。
でも勝手に食べる頻度はそんなでもなさそうです。
野菜、果物は、普通、量り売りです。
冬は、たまねぎは、だいたい1キロ100円位で(安!?)売ってたんですが、
春を終えて、初夏になると、
さらに安くなって、
6月の今頃は、安い所だと、
1キロ40円くらいで(安!?!)売ってます。
onion スーパーマーケ―ットでタマネギが山積みになって売られている写真。トルコ イスタンブール 猫歩き 画像
ただ、買う時に、山積みになってる中から、
どのタマネギを買うか、選定しないといけません。


で、自分が食べるようのタマネギを選定していたら、
全然知らない おじいちゃんが、横に来て、
暇に任せて、良さ気なタマネギを見つけては僕に渡してくれました(笑)。
ありがとうっす、見知らぬ おじいちゃんょ!

そんな、言っても、一人暮らしで食べれるようなタマネギの量なんてしれてますからね。
3つ4つ買えば十分なんであります。
おじいちゃんが選んでくれたんでほとんどを占めちゃいましたよ(笑)


Advertisements

このページの先頭へ