イスタンブールの公共交通機関利用時に必須のイスタンブールカードとは?

イスタンブールカード istanbulkart とマーヴィカード 公共交通機関 icoca suica ICカード 乙女の塔
Advertisements

イスタンブールで、公共交通機関を利用しようと思うと、
イスタンブールカードを使用する必要があります。

むしろ、ほとんどの公共交通機関で、
現金を受付けてくれません。
もちろん、クレジットカードも使えません。

つまり、イスタンブールで動き回るには、
イスタンブールカードが、マストアイテムというわけです。

この記事では、イスタンブールカードの種類と特徴、使用の仕方、
注意点などをわかりやすくまとめています。

どうぞ読み進めて、イスタンブール探検にご利用ください。

イスタンブールカードとは?

イスタンブールカードはICカードです。

このイスタンブールカードは、東京でいうところの、SUICA
大阪でいうところの、ICOCA のようなもの
というイメージでだいたい間違いありません。

街のキオスクなどで、イスタンブールカードを購入し、
そのカードにトルコリラをチャージして使用する、という具合です。

イスタンブールカードが使える機関とは?

このイスタンブールカードが使えるのは、
・イスタンブール市バス
・イスタンブール メトロビュース
・イスタンブール メトロ(地下鉄)
・メトロ駅のトイレ(駅のトイレは有料です)
・イスタンブールの中でも、地方のトイレ入場料にイスタンブールカードが使えることがある
・ボスポラス海峡横断のフェリー
・イスタンブールの南側に浮かぶ島々(アダラール)往復フェリー(イスタンブールカードの使えないフェリーもあるので注意)
・イスタンブールカードが使えるケーブルカー
・イスタンブールカードが使えるロープウェイ

などです。

地方にある、有料トイレでイスタンブールカードが使えるゲートは、
こんな感じです↓
イスタンブールの有料トイレでイスタンブールカードが使えるゲートの写真 画像

イスタンブールカードが使えない機関とは?

交通機関の中で、イスタンブールカードが使えない代表例を下にあげます。
・タクシー
・ドルムシュという共同利用バス
・ハバタシュバスという、アタチュルク空港とタクシム、サビハ・ギョクチェン空港とタクシムを結ぶリムジンバス
・都市間往復のバス

イスタンブールカードの種類とは?

イスタンブール カードには、下記の5種類があります。

① 一般用(ANONİM KART)
② 回数カード (MAVİ KART)
③ 割引カード (学生・教師用、60歳以上用)(İNDİRİMLİ KART)
④ フリーパス カード ÜCRETSİZ Kart (身体障碍者用カード、65歳以上用など)
⑤ 利用制限付きカード (SINIRLI KULLANIMLI KART)
の5種類です。

なお、上記の④と⑤に関しては、
自分で使ったことがないのと、
自分の周りで、その種のカードを使っている外国人を見たことがないので、
④と⑤に関しては、詳しいことはわかりません。

よって、以下、①、②、③のイスタンブールカードについて解説します。

最もよく使われているイスタンブールカードとは?

istanbulkart トルコ イスタンブールカードの表裏の写真 画像 一般には、上の写真のような、表がオレンジ色、裏が水色のカードが良く使われます。

ICカード代として、7リラくらいでカードを購入し、
乗車に必要な金額をあらかじめチャージして使用する、というものです。

自動チャージ、自動引き落としのような機能はありません。
うわさによると、本来は、ICカードを所定の店で返すと、
デポジット代が返ってくるらしいんですが、
試したことがないので、詳しくはわかりません。

定期券もどき・回数カード「マーヴィカード」というイスタンブールカードとは?

istanbulkart mavi kart トルコ イスタンブールの回数カード 回数券 ICカード マーヴィカード マービカードの表裏両面が写っている写真 画像 イスタンブールでは【定期券】なるものはありません。

イスタンブールの公共交通機関において、
【通勤・通学定期券】という利用方式が存在しないのです。

日本でいう【回数券・回数カード】に相当する方式しかありません。

それが、イスタンブールでは「マーヴィカード」にあたります。
ちなみに、「マーヴィ」とは、「青」を意味します。
「青いカード」という意味ですね。

マーヴィカードの具体的な使い方は、
マーヴィカードに、185 リラをチャージすると、
チャージした日から30日間で180ライドまでできる、
というものです。

ただし、マーヴィカードは本人しか使用できません。

自分の顔写真、身分証、必要な発行手数料を持参して、
マーヴィカードという特殊な回数カードを発行している窓口にいって、
自分専用のカードを発行してもらう必要があります。

185リラをチャージしたあと、
30日間のうちに 180ライドを使い切ってしまうと、
再度185 リラをチャージし直さないと、
交通カードとしては使えない、というものです。

まぁ、毎日欠かさず平均6ライドするってのは、
あまりないので、
普通、30日間に達するまでの間に
180ライドを使い切ってしまう、ということは稀だと思われます。

チャージした日から30日間が過ぎると、
どれだけライド残っていようと、チャージ金額はゼロになります。

このカードを発行してもらうときにも、
自分の携帯電話番号が必要になります。

なお、このマーヴィカードには、自分の情報が登録してあって、
本人しか使えないカードなので、
紛失・盗難に合った場合、
所定の窓口に行って、手数料を支払うと、カードを再発行してくれて、
チャージしていて残っているライド数も復活する、
というメリットがあります。

割引イスタンブールカードとは?

これは、自分が特定の学校の学生である場合、
または、教師として特定の学校で教鞭を執っているなどの場合、
その証明書を持って、マーヴィカードを発行している窓口と同じ窓口にいけば、
期限付きで、割引イスタンブールカードを発行してくれる、というのものです。

およそ、半額の割り引きがあります。

イスタンブールカードについてのまとめ

イスタンブールカード istanbulkart とマーヴィカード 公共交通機関 icoca suica ICカード 乙女の塔


イスタンブールカードは、イスタンブールでちょっとでも交通機関を利用しようと思うと、
必ず持っていなくてはいけない、
必須アイテム、マストアイテムです。

イスタンブールカードが使える公共交通機関、
使えない公共交通機関があります。

また、イスタンブールカードには、複数の種類があります。

それらに注意して、イスタンブールカードを上手に活用しましょう。

この記事のイスタンブールカードの情報を元に、
イスタンブール探検に出かけてみてくださいね。


Advertisements

このページの先頭へ