トルコ人で財政管理が職業という彼の名が「ハサン」な件。。。

Advertisements

この前、わたしの家に遊びに来たトルコ人がいるんですよ。

トルコでは、初めてあったら、だいたい、
「名前は何?
どこの国の出身?
どこの都市から来たの?
結婚してるの?
(結婚してたら)子供は何人いるの?
(結婚してなかったら)ガールフレンド、ボーイフレンドはいるの?」
という話になります。

そして、たいてい
「何の職業してるの?」
という質問に話がうつります。

会話を始めるというだけのために、まず、どんな話をするのがいいのかっていうことが、
会話そのものをしたくない日本では、一大テーマになっている気もしますが。


Advertisements

会話を開始するのに、井戸で水をくんでいる人に向かって、
「わたしに飲ませてください」と言った例が取り上げられることがありますね。

で、「飲ませてください」と言った張 本人が、
『乾かない水を持ってる』というんだから、
「え?何もわたしに水を頼まなくても、
自分でそれ、飲めばいいじゃん?」というツッコミが入っても良さそうなんですが。。。

まぁ、それはさておき、
トルコでは、勝手に会話が始まっています。
トルコ人は、とにかく会話が好きですね。

アメリカ的な感覚で言うとプライベートにあたるようなことも、
トルコ人はずんずん聞いてきます。それを知ってからはじめて、
打ち解けた仲になる、という感じですね。

トルコ人は、相手が何の仕事をしているのかを聞くのが好きです。
かなり、根掘り葉掘り聞いてきますね。

で、まぁ、先日、とあるトルコ人が家にきたわけですが、
彼は、家に来て、上記のような普通の自己紹介をして、
自分の職業を自慢気に紹介してくれました。

彼はファイナンシャルプランナーをしているそうです。
店舗の在庫管理とか、財政管理などを専門にしているそうです。

ただ、、、彼、名前が「ハサン」なんですよね。
驚いているネコの写真 ファイナンシャルプランナーの名前がハサン(破産)だったから。イスタンブール 猫歩き 写真 画像
彼は、「何か金融の相談があったら、
自由に声かけて来てくれよな!
名前覚えてくれただろ?
ハサンだぜ、ハサン!」
と言って、帰っていきました。

さて、自分の財政が破綻しないためには、彼に相談すべきか、
彼に相談したら破産に追い込まれるのか。。。

名前で遊ぶのは好きではありませんが(持って生まれたものだし、
自分では変えられませんからね)、
あまりに印象的過ぎて忘れられないエピソードだったんで、
今回のネタとして、ご紹介しました。

今までのところ、彼の力を借りずに、破産を回避できています。。。


Advertisements

このページの先頭へ