イスタンブールで働くクルマ:象さんみたいな水道管掃除の車

今回みつけた面白いものは、
イスタンブールの水道管の掃除が役目の、
見かけが象さんみたいなクルマです。


スポンサードリンク

イスタンブールは人口、1400万人とも、2000万人とも言われますから、
そりゃそんだけの人が使うライフラインのメンテナンスも重要になってきますよね。
elephant イスタンブールの大通りで、水道掃除用の特殊車両が水道管を掃除しているところの画像 写真

こんな感じで、
何か作業をしている人がいても、
日本だったら、特に知り合いでもない限り、声をかけることはありませんが、

トルコでは、見知らぬ作業員に対しても
「コライ ゲルシン Kolay gelsin.」
ってよく言います。

直訳すると、
『簡単さを来させよ。』
『簡単さが来るように。』
みたいな意味です。


スポンサードリンク

英語で言うところの
Take it easy.
みたいな感じですね。

日本はそういう、労をねぎらうことのない、
冷たい言語なんで、ちょうど良い所の日本語訳がないんですが、
あえて言うとすれば、
「頑張ってね。」みたいな感じですかね。

日本では、なんか、口に出して言わずに、
気遣っていることを示すのが
大人で上品、みたいな雰囲気がありますが、そんなん、日本だけです。

どう思ってるのか、口に出して言って伝えないと、むしろ相手に対して非常に失礼です。

私が、窓を掃除していたら、見知らぬ女の子とお母さんが、
コライゲルシン
って言ってくれて、
単純に嬉しいかったのと、
『あー、こういう状況のときに
「コライ ゲルシン」って使うのかー』って思いました。

なんとなくトルコ語って、とっても感情の入った温かみのある言語にように思います。

各国語に特徴ってありますよね。
米語はヒーロー目指していつも元気がいいですし、
英語はブリティッシュ・イングリッシュ、紳士を目指した話し方。
フランス語はプライド高く気取っていて、なにか皮肉ってないと気がすまない。
ドイツ語は冷徹に規則にうるさい。

トルコ語は暖かい猫みたいな言語です。

あなたは、新たに何かを 言語を学ぼうとしていますか?

コライ ゲルシン。
Kolay gelsin.
頑張ってね〜


スポンサードリンク
--------------------
ちなみに、私の京都大学大学院の後輩である 加藤 将太 君が、
起業に役立つセミナーを開講しています。

その加藤将太くんが、
5月11日に千葉テレビの「池本克之の社長のホンネ研究所」という番組にて、
年間2000人が学ぶ日本最大級の起業スクールを運営する
「マーケティングコンサルタンツ株式会社」社長として出演しました。

私も、海外生活を成功させるために、彼のセミナーから、かなりの事を学んできました。

加藤 翔太 君 が主催するセミナーでは、【起業センス】測定というオンラインテストを、
本来は5000円実費がかかるところ、なんと期間限定で無料で受けることができます!

ちなみに、現在の私の【起業センス】は、【71】 です。
(社会人の平均は【42】 この【起業センス】を上げないで、
海外で起業して、独立・滞在しようとすると、
海外生活は、ほぼほぼ失敗します。

失敗して大金を失ってしまわないためにも、
まず、【起業センス】を上げる方法を加藤さんの無料セミナーで学んで、
起業センスがいくつになるか 挑戦してみてくださいね。
加藤くんの無料のセミナーを受講をして次に進むと起業センスを測定することができるようになります。
↓↓下記のリンクをクリックして、セミナーを受講してから、起業センスを測定してみてくださいね。↓↓


⇒こちらから無料セミナーを受講して、期間限定の加藤将太さんの起業ビジネスセンスを測定してみる。



このページの先頭へ