カレーライスがCurry and rice では通じない件:英語で何というべきか?

カレーライスに必要な食材 じゃがいも 人参 鶏肉 カレールー 水 オリーブオイル お米 が鍋の横においてあり、キッチン流しに写っている画像 写真トルコ イスタンブール ガスコンロ

普段、国際会議などに出席して、
英語がネイティブの人と会話をするのが日常のリオンです。


スポンサードリンク

ところで、カナダ人に、
「カレーを作ったから、食べに来ないか?」
” I made curry and rice.
Do you want to come over my apartment to eat the curry and rice?”

って聞いてみたんですよ。

そしたら、”Sounds great.” ということで、
彼を家に誘って、カレーを家で温めていました。

そしたら、突然、彼は、驚いた様子で、
“Wait, wait, what is this?”
「おいおいおい、ちょっと待てよ、これは何だね?」

と聞いてくるもんだから、
“This is curry and rice” って答えると,

“What? Oh, curry! I thought you said’Korean rice’ .”
「何だって? あー、カレーのことか! コリアンライス(韓国ご飯)って言ったのかと思ったよ!」
とのことでした。

『彼は、カレーは食べられるのかな?そもそも、韓国料理の方法は知らんぞ』と思いながら、
「え、じゃー、これ、なんて言えばいいの?
Curry and rice じゃないの?」
って聞いたら、

「あぁ、たしかに、これは、curry and rice だ。
でも、それを、続けていうと、
curry and rice (カリランd rライス )は、
カリアンライス(Korean rice 韓国ご飯)に聞こえるよ」
とのことでした。

「んじゃー、この料理をなんと言えば、君は理解するのか?」と聞くと、
「これは、curry with rice (ご飯付きカレー)と言うべきだね。」
とのことでした。


スポンサードリンク

一般に信じられていることと、
本当に正しいこととには大きなギャップがあるということが
しばしばあります。

英語の授業で、日本のカレーライスは、
curry and rice であると習いますし、
ほとんどの人が、そう言ってきたと思います。

でも、正しくは、
curry with rice であるべきのようです。
ネイティブがそういうんですから、
それに合わせるしかないですよね。

日本のカレーライスの英語表現に関するまとめ

カレーライスに必要な食材 じゃがいも 人参 鶏肉 カレールー 水 オリーブオイル お米 が鍋の横においてあり、キッチン流しに写っている画像 写真トルコ イスタンブール ガスコンロ

日本のカレーライスの英語表現は、
書くときは、
curry and rice でも良いかもしれないが、
読む時、あるいは、会話で使うときは、
curry with rice と言うべきのようですね。


スポンサードリンク
ちなみに、私の京都大学大学院の後輩である 加藤 将太 君が、
起業に役立つセミナーを開講しています。

その加藤将太くんが、
5月11日に千葉テレビの「池本克之の社長のホンネ研究所」という番組にて、
年間2000人が学ぶ日本最大級の起業スクールを運営する
「マーケティングコンサルタンツ株式会社」社長として出演しました。

私も、海外生活を成功させるために、彼のセミナーから、かなりの事を学んできました。

加藤 翔太 君 が主催するセミナーでは、【起業センス】測定というオンラインテストを、
本来は5000円実費がかかるところ、なんと現在のところ無料で受けることができます!

ちなみに、現在の私の【起業センス】は、【71】 です。
この【起業センス】を上げないで、
海外で起業して、独立・滞在しようとすると、
海外生活は、ほぼほぼ失敗します。

失敗して大金を失ってしまわないためにも、
まず、【起業センス】を上げる方法を加藤さんの無料セミナーで学んで、
↓↓起業センスがいくつになるか 挑戦してみてくださいね ↓↓


⇒こちらから無料で加藤将太さんの起業ビジネスセンスを測定してみる。


このページの先頭へ