イスタンブールで猫はどこでも寝る:車の下で眠るネコ@トルコ

イスタンブールでは、猫の絶対数が多いので、
猫が寝る場所というのも、非常に様々です。

しかも、トルコの人達はあまり室内でペットを飼いませんから、
というか、
【外で】猫を 飼って いますから、
必然的に猫が寝る場所も、
外で、ということになります。

今回の猫ちゃんは、どこで寝ているでしょうか?

イスタンブールの猫が、車の下で寝ている

今回の猫ちゃんは、車の下で寝ています。

自動車運転免許の試験の時、
自分がこれから運転する車に乗り込む前に、
車の前後だけでなく、
車の下にも、何かないか、
形式的にでも、見ている格好をしないと、
減点を食らうことがあるので、
見るようにしていました。


Advertisements..

そういえば、わたしは、色んな車の免許をとりあえず持っているんですが、
自動車運転技能試験のたびに、【車に乗り込む前に、車の下を見る】ということは意識していました。
大型2種(旅客バス、トラック)と、
大型特殊(雪上車、パワーショベル、ブルドーザーとか、ロケット発射台車(笑))
けん引(トレーラー)
大型バイクなどですね。

これで、法規上 運転できない車はないんですが
運転免許には、原付き、小型自動車、小型特殊自動車の記載がないんですよね。
下位免許から取らなかったんで、上位免許を有していると、それらは全部運転可能なんですが、
残念ながら、免許証には、その上位免許しか表示されず、
下位免許は後から取ろうと思っても取れないんですよね。
いわゆるフルビット免許というものの話ですが。
興味ない人にとっては興味ないでしょうね(T_T)

さて、免許をとった後、
日本では車の下をそれほど気にすることはなかったですが、
トルコ、イスタンブールではもっと注意する必要がありますね。
さもないと、猫を踏んじゃいます。
車の下で眠る一匹の猫ちゃん イスタンブールではねこはどこでも寝る。タイヤが左に大きくみえる赤い車の下で猫が安心して寝ている画像 写真
まぁ、そもそもイスタンブールの車の運転は、
めちゃめちゃクレイジーなんで、
10人中10人、必要がなければイスタンブールで車は運転するな!
って言いますから、あまりイスタンブールで
車を運転する気にはなれませんけれど。

これから、夏休みで、車の免許を取ろうと考えている人は、
自動車運転 技能試験の時に、
  • 車に乗る前には前後左右、と、下を確認してから車に乗り込む
それから、
  • 運転が終わってから、ドアを開ける作業にとりかかる直前に、
    後ろを振り返って、安全確認してから、車外に出る
ということを忘れないようにしてくださいね。

車の運転試験は、減点方式で、どれだけ上手な運転をしても、
加点は一切ありません。

「運転が終わった―」と思って、安心して
後方確認せずにドアを開けたら、
そこで減点超過で、不合格ということもありますから、
十分注意しましょう。

ま、それと、実生活でも、
車のドアを開けるときには、
バイクが突っ込んでくることも普通にありますから、
毎回ドアを開けるときには、後方確認は必要ですね。

車に乗る前に、車の下も確認を忘れずに。
猫がいるかもしれませんから。


Advertisements...

このページの先頭へ