トルコイスタンブールの猫公園マチカパークで若猫はやはり積極的

Advertisements

若い時のほうが、好奇心旺盛で、なんでもよく調べたがる、というのは、
人間だけじゃないようですね。

猫の場合でも、若い、あるいは、幼い猫のほうが、
「あれ?なんだろ?
いって、調べてみよ!?」
ってなるようですね。


Advertisements

トルコ語の読み方、日本語のローマ字の書き方
実際にはどちらも現実とは異なる

トルコ イスタンブールに、通称 猫公園(マチカ パーク)というのがあります。
Maçka Parkı
と書いて、パークのk の後に、母音が付いているので、
日本で書くように、
パークゥ、と最後に、「ウ」のような音がついてきます。

英語ではその母音はありませんし、
日本語でも、
パークとは書くけれど、
実質、最後の母音は発音されませんね。

日本語の場合、
このように、母音の脱落は、けっこうな
高頻度で起こっています。

が、全然わたしたちは、気付いていません。

でも、外国人に日本語を教えるとき、それを
逐一教えてあげないと、
いつまでもたっても、ガイジンっぽい、なんか変な日本語になってしまいます。

例えば、この「なってしまいます」と書いて、
外国人にも読めるように、ご丁寧にローマ字でルビをふってあげたら、

natte shimai masu
となりますが、
我々日本人は、このローマ字のようには発音していません。
あえてかくと、
natte sh mai mas
ってなります。
「し」の「イ」の母音は発音しませんし、
最後の「す」も、ローマ字のルビでは、最後に「ウ」を書きますが、
ほとんどの場合、その最後の母音、「ウ」は発音されません。

トルコ語を学ぶときにも同じような観点で学ぶ必要があります。
というのも、トルコ語は、アルファベット表記なので、
書いてあるとおりに読めば良い、ということになっています。

どのトルコ語の先生も、外国人にトルコ語を教える時には、
「文字をそのまま読めば良い。
だから、トルコ語は簡単に読める!」
っていいます。

でも、現実は違います。
日本語における、ローマ字のルビ表記と、
実際の会話の発音とは違いますが、それと同じように、
書いてある文字と、実際に使うトルコ語とでは、発音が異なるんです。

どこがどう違うのか、というのは、
母国語ではない言語として学ぶには、
ひとつずつ学んでいくしかありません。

この発音に関する学問は、
トルコ語のディクシヨンという現地の語学コースを受講して、
知った知識です。

このように、極めて重要なこと、っていうのは、
本に書いてないんですよね。
一般に信じられていることと、
現実は、違うことがあります。

一般に言われている、教えられていることと、
現実には、かなりの乖離があることがけっこうあります。

このサイトでは、一般的に信じられていることはさておき、
真実というのか、本当のことを紹介していきたいと思っています。
このサイトがあなたの役に立てれば幸いです。

今回の写真は、この猫ちゃんにカメラを向けると、
「何してるの??」という感じで、見に来てくれました。
little cat トルコ イスタンブール 猫歩き パチカパークの芝生の上でこちらに興味を示す猫の写真 画像
まだ若い猫ですね。若い猫ほど、好奇心旺盛のようです。

この性質は、人間も同じでしょうかね。。。
いつまでも若くありましょう!


Advertisements

このページの先頭へ