トルコリラ紙幣・お札・硬貨に関する情報

トルコリラ レート為替 トルコの貨幣 コイン リラ クルシュ 紙幣 全掲載の画像 写真

以前のわたくしの記事、「トルコリラのコイン・硬貨は500円玉くらいの大きさか?表裏とは」にて、トルコの硬貨について紹介したことがあります。
今回は、トルコの紙幣に焦点を絞って、
トルコリラの紙幣について、主に ご紹介します。

今回の写真に挙げたお札が、
現在トルコで使われている紙幣、貨幣の全てです。

つまり、硬貨(金属のコイン)として、
1クルシュ
5クルシュ
10クルシュ
25クルシュ(チェイレッキ、と言って、四分の一という意味がある)
50クルシュ
1リラ(1リラは100クルシュに相当)の
全部で6種類があります。

トルコリラ紙幣としては、
5リラ
10リラ
20リラ
50リラ
100リラ
200リラ

の合計6種類があります。

トルコリラ レート為替 トルコの貨幣 コイン リラ クルシュ 紙幣 全掲載の画像 写真


Advertisements..

つまり、硬貨も紙幣もどちらも6種類ずつあるということですね。
ちなみに、1種類につき、裏表用に2つの貨幣を用意し、
今回の写真を撮りました。

それで、この写真には、
(0.01 + 0.05 + 0.10 + 0.25 + 0.50 + 1) +
(5 + 10 + 20 + 50 + 100 + 200)
= 386.91
386.91 × 2(表と裏)= 773.82 リラ分 の貨幣が写っている、
ということです。

『【1クルシュ】という硬貨はあまりにも細かすぎる貨幣のために、
ほとんど使用されることがない』
ということは、以前の記事でお伝えした通りです。

紙幣に関しては、逆に、
「200リラ紙幣」をあまり使うことがありません。

家賃を現金支払するときに、たまに使うくらいです。

普段はそんなに200リラを使うことがありません。

トルコリラ=日本円のレートは、
だいたい 1リラをおよそ35円とすると、
200リラは、7000円相当額の紙幣ということになります。

トルコ人の一般的な平均的な収入は、
月に、よくて7万円くらいだと言われています。

それですから、
【200リラ紙幣】は、
かなりの高額紙幣ということになります。

200リラ紙幣を10枚もらったら、
月給の支払いが終わってしまう、ということですね。

トルコ人の平均収入はそんなもんなのに、物価は高いです。

しかも、トルコは、インフレに喘いでいて、
イスタンブールの家賃、食費、生活費は、日本よりもむしろ高いぐらいですし、
そのインフレ率も、目にみえて高い状態がずっと続いています。

もし、リオンに、お仕事のご要望、ご相談などありましたら、
このウェブサイトの「お問い合わせ」欄から、
是非 ご投稿をお願いしますね。


Advertisements...

このページの先頭へ