トルコリラ紙幣・お札・硬貨に関する情報

トルコリラ レート為替 トルコの貨幣 コイン リラ クルシュ 紙幣 全掲載の画像 写真

以前のわたくしの記事、「トルコリラのコイン・硬貨は500円玉くらいの大きさか?表裏とは」にて、トルコの硬貨について紹介したことがあります。
今回は、トルコの紙幣に焦点を絞って、
トルコリラの紙幣について、主に ご紹介します。


スポンサードリンク

今回の写真に挙げたお札が、
現在トルコで使われている紙幣、貨幣の全てです。

つまり、硬貨(金属のコイン)として、
1クルシュ
5クルシュ
10クルシュ
25クルシュ(チェイレッキ、と言って、四分の一という意味がある)
50クルシュ
1リラ(1リラは100クルシュに相当)の
全部で6種類があります。

トルコリラ紙幣としては、
5リラ
10リラ
20リラ
50リラ
100リラ
200リラ

の合計6種類があります。

トルコリラ レート為替 トルコの貨幣 コイン リラ クルシュ 紙幣 全掲載の画像 写真

つまり、硬貨も紙幣もどちらも6種類ずつあるということですね。
ちなみに、1種類につき、裏表用に2つの貨幣を用意し、
今回の写真を撮りました。


スポンサードリンク

それで、この写真には、
(0.01 + 0.05 + 0.10 + 0.25 + 0.50 + 1) +
(5 + 10 + 20 + 50 + 100 + 200)
= 386.91
386.91 × 2(表と裏)= 773.82 リラ分 の貨幣が写っている、
ということです。

『【1クルシュ】という硬貨はあまりにも細かすぎる貨幣のために、
ほとんど使用されることがない』
ということは、以前の記事でお伝えした通りです。

紙幣に関しては、逆に、
「200リラ紙幣」をあまり使うことがありません。

家賃を現金支払するときに、たまに使うくらいです。

普段はそんなに200リラを使うことがありません。

トルコリラ=日本円のレートは、
だいたい 1リラをおよそ35円とすると、
200リラは、7000円相当額の紙幣ということになります。

トルコ人の一般的な平均的な収入は、
月に、よくて7万円くらいだと言われています。

それですから、
【200リラ紙幣】は、
かなりの高額紙幣ということになります。

200リラ紙幣を10枚もらったら、
月給の支払いが終わってしまう、ということですね。

トルコ人の平均収入はそんなもんなのに、物価は高いです。

しかも、トルコは、インフレに喘いでいて、
イスタンブールの家賃、食費、生活費は、日本よりもむしろ高いぐらいですし、
そのインフレ率も、目にみえて高い状態がずっと続いています。

もし、リオンに、お仕事のご要望、ご相談などありましたら、
このウェブサイトの「お問い合わせ」欄から、
是非 ご投稿をお願いしますね。


スポンサードリンク
--------------------
ちなみに、私の京都大学大学院の後輩である 加藤 将太 君が、
起業に役立つセミナーを開講しています。

その加藤将太くんが、
5月11日に千葉テレビの「池本克之の社長のホンネ研究所」という番組にて、
年間2000人が学ぶ日本最大級の起業スクールを運営する
「マーケティングコンサルタンツ株式会社」社長として出演しました。

私も、海外生活を成功させるために、彼のセミナーから、かなりの事を学んできました。

加藤 翔太 君 が主催するセミナーでは、【起業センス】測定というオンラインテストを、
本来は5000円実費がかかるところ、なんと期間限定で無料で受けることができます!

ちなみに、現在の私の【起業センス】は、【71】 です。
(社会人の平均は【42】 この【起業センス】を上げないで、
海外で起業して、独立・滞在しようとすると、
海外生活は、ほぼほぼ失敗します。

失敗して大金を失ってしまわないためにも、
まず、【起業センス】を上げる方法を加藤さんの無料セミナーで学んで、
起業センスがいくつになるか 挑戦してみてくださいね。
加藤くんの無料のセミナーを受講をして次に進むと起業センスを測定することができるようになります。
↓↓下記のリンクをクリックして、セミナーを受講してから、起業センスを測定してみてくださいね。↓↓


⇒こちらから無料セミナーを受講して、期間限定の加藤将太さんの起業ビジネスセンスを測定してみる。



このページの先頭へ