トルコ軍クーデターの影響はいかに?本日のタクシム広場の様子@2016年7月22日

Advertisements

2016年7月15,16日に、トルコの軍隊によるクーデターがあり、
イスタンブールでは大きな影響を受けています。

本日、7月22日は、クーデターからちょうど1週間経ちました。

現地、トルコのイスタンブールから、現状をレポートします。

先日、2016年7月20日、エルドアン大統領は、
3ヶ月間の非常事態宣言を発令しました。

その非常事態宣言では、
一応、人民の自由を制限しないという宣言がなされています。


Advertisements

トルコ軍のクーデターに由来する非常事態宣言による影響

この1週間、公共機関の利用料金は、無料となっています。
ちょうど一週間前は、このタクシム広場は兵士が取り囲み、
爆発や発砲で、非常に危険な場所となっていました。

現在は、警察が監視しているなか、
若干の観光客と、地元の人達の生活が営まれています。

トルコのイスタンブール、タクシム広場の様子 クーデターから一週間たったところ
クーデターの影響は、大いにあります。
トルコからの引き上げを検討している外国企業もあります。

もちろん、引き上げを検討している個人の人達も多くいます。

普段は、ものすごく混んでいるタクシム広場、イスティクラル通りですが、
いつもほどは混雑していません。

また、交通費が数日間無料になったとはいえ、
人通りの多い所への外出は控えるように、
各国大使館、領事館は、トルコ在住の自国民に警告していますから、
喜び勇んであちこち行こうという雰囲気ではありません。
明るい方向に向かいことに期待したいですね。

トルコの状況のレポートを続ける予定なので、
ちょくちょく更新してみてください。


Advertisements

このページの先頭へ