トルコでの留学生活には息抜きも必要!?イタリアのサルディーニャ島で

トルコのイスタンブールに移住してきた人たちは、
先進国(!?)から来ている人が多く、
日常生活のめちゃくちゃさに、イスタンブールの生活はカオスだって言う人もいます(笑)


スポンサードリンク

まぁ、そんなこんなで、ずっとイスタンブールの中で引きこもっていると、
頭がおかしくなりそうです。

たまには、別の土地の空気を吸いたくもなります。

今回紹介している写真は、
ホリデイで立ち寄った、イタリアのサルディーニャ島というところの砂浜の写真です。
sardinia イタリア サルディニア島の白い砂浜と青い海 綺麗な風景トルコ イスタンブール 猫歩き 写真 画像

とてつもなく砂浜と青い海が綺麗なんですよ。

イタリアの島といえば、シチリア島が有名ですね。

サルディーニャ島も、かなり大きいんですけれど、
全然有名じゃないですよね。。。

こんな綺麗な島がイタリアにあるなんて、全く知りませんでした。

サルディニア島の人は、島に住んでいるからか、
ちょっと島国根性の日本人と似たところがあります。
でも、やっぱり、思考は地中海人ですね。

ところが、イタリア本土に住んでいるイタリア人からすると、
(あんな島)サルディーニャ島はイタリアじゃないと思っているらしく、
イタリア北部出身の人は、
「サルディーニャ島はイタリアじゃない」って、皮肉っぽくいいます。

サルディーニャ島に住んでいる人も、
自分たちはイタリアとは違うという認識があるらしく、
サルディーニャ島に住んでいる学生に、
「外国ってどっか行ったことある?」
って聞いたら、
「イタリアに行ったことがある」
って返事が 返ってきました。

「え?ここ、イタリアじゃないの?」
て聞き返したら、
「ここは、サルディーニャ。
唯一 行ったことのある外国は、イタリア」
って言ってました。

なかなか理解しにくい返事でした(汗)

日本でも似た会話があったのを思い出します。
岐阜県飛騨高山市に行った時の話です。

岐阜県飛騨高山市出身という、とある初対面の男の人と会話をしていたら、
どうやら、共通の知り合いの人がいる感じなので、
「○○君って知ってる?
彼も岐阜出身だったはずなんだけど?」
って聞いたら、


スポンサードリンク

「あー、違う、彼は岐阜出身だ」
っていう返事だったんですよね。
「え?ここ、岐阜じゃないの?」
って思わず聞いちゃいましたよ(笑)

どうやら、
「ここは岐阜県だけど、岐阜じゃない」らしいです。
これもなかなか理解するのに時間がかかります。。。

岐阜県飛騨高山の人にとって、岐阜というのは、
別の土地という感覚があるようですね。

それとか、兵庫県に、西脇市っていう市があるんですよね。
昔から西脇市と多可郡多可町は仲がいいんです。

数年前に、多可郡の黒田庄という地域は、多可郡から離れて、西脇市になりました。
はて、仲が良いんだか、悪いんだか。

昔、多可郡に営業に行った時に、
「自分は近くに住んでいる」って言ったら、
「どこに住んでいるんや?」と聞かれ、
自分の住んでる住所を言ったら、
「それ、西脇やないか。近くないやないか!
(ご近所さんとは違うお前なんか、帰れ帰れ)」という感じでした。

わたくしとしては、近いと思ってたんですけど、
多可郡民にとったら、西脇市は近くない場所なのかもしれません。

でも、多可郡にも、「西脇」っていう地名の場所もあるんですけどね。

自分がどこの出身かっていうのは、プライドも関わってくる気がしますね。
東京近辺の人は、東京から離れてても、東京とか、関東とか言いたいらしく。
とある人に、「どこ出身?」と聞いたら、「関東」っていうから、
「何県?」って聞いたら、「埼玉」っていうんですよね。

なんで最初から「埼玉」って言わないの?って不思議に思います。。。

逆に、兵庫県神戸市関連の方々は、「神戸出身」と何かにつけて言いたいらしく。
「どこから来たんですか?」
って聞いたら、
「ぼくねー。神戸に住んでたんですよ」
って、返ってきたんですよね。

「で、今、どこに住んでるんですか?」って聞いたら
「今は宝塚に住んでるんだけど、神戸に住んでたんですよー」という返事でね。
神戸に関連した生活をしていれば、
「神戸」と言いたいみたいです。

大阪府出身の場合は、自分は大阪出身だっていいますけれど、
「関西出身だ」とは自分からは言うことはありませんし、
自分が「大阪(府)出身」だといったら、
「関西ね」と言われることがあまり好きじゃない気がします。

埼玉の人が「関東」出身と名乗り、関東に含まれるのを好むのと真逆ですね。

なんか、大阪が「関西」みたいな地域として十把一絡げに扱われる、
というのが嬉しくないという感情がどこかにあると思います。

あなたは、どこ出身ですか?


スポンサードリンク
ちなみに、私の京都大学大学院の後輩である 加藤 将太 君が、
起業に役立つセミナーを開講しています。

その加藤将太くんが、
5月11日に千葉テレビの「池本克之の社長のホンネ研究所」という番組にて、
年間2000人が学ぶ日本最大級の起業スクールを運営する
「マーケティングコンサルタンツ株式会社」社長として出演しました。

私も、海外生活を成功させるために、彼のセミナーから、かなりの事を学んできました。

加藤 翔太 君 が主催するセミナーでは、【起業センス】測定というオンラインテストを、
本来は5000円実費がかかるところ、なんと現在のところ無料で受けることができます!

ちなみに、現在の私の【起業センス】は、【71】 です。
この【起業センス】を上げないで、
海外で起業して、独立・滞在しようとすると、
海外生活は、ほぼほぼ失敗します。

失敗して大金を失ってしまわないためにも、
まず、【起業センス】を上げる方法を加藤さんの無料セミナーで学んで、
↓↓起業センスがいくつになるか 挑戦してみてくださいね ↓↓


⇒こちらから無料で加藤将太さんの起業ビジネスセンスを測定してみる。


このページの先頭へ