イスタンブール全体は「どこでもベッド」なのか!?猫が大通りでぐっすり寝てる

Advertisements

これまで、過去のブログ記事のなかで、
トルコ イスタンブールの猫は、
車の天井で寝ることが多い、というのを紹介してきました。

確かに、そうなんです。
駐車してある車の天井で、陽にあたりながら気持ちよさそうに寝るのであります。

でも、気付いたんですが、
猫が寝るのは、車の天井の上だけではありません。

要は、【イスタンブールの猫はどこでも寝る】ということです。


Advertisements

人通りの多い歩道で堂々と寝る猫ちゃん

トルコ イスタンブールで、人通りの多い歩道だというのに、ペットショップの前で、堂々と寝ている一匹の猫ちゃん
イスタンブールは、全体が、
ドラえもんの「どこでもドア」ならぬ、
【どこでもベッド】ってことですかねぇ。

今回の記事は、ペットショップの前で寝る猫を紹介しています。

この通りは、この辺りで一番交通量の多い道で、
歩道とはいえ、ひっきりになしに人が通ります。

そんなところでも安心して寝られる、というのは、
トルコ人は、よっぽど猫を踏んづけちゃわない、っていうことですね。

ネコ踏んじゃったの音楽も、そういえば聞きませんし(笑)。
あまりに動かないもんですから、
死んじゃってんじゃないか?っていっつも心配になるんですが、

ちゃんと生きているんですよねぇ。
不思議です。


Advertisements

このページの先頭へ