トルコの夜の猫を撮るって難しいですね!トルコに限らないか・・・?

夜のトルコの猫の撮影って、難しいですね。
まぁもちろん、トルコでなくても、夜の写真の撮影は、
また 別の技術が必要です。

つまり、光量が足りないんですよね。
ピントも合いにくいし、

光量が少ない分、
露光時間を長めにすると、
こんどは、カメラがぶれたり、
被写体が動いたりして、
これまたぼんやりしたイメージになります。
フラッシュの能力にも限界がありますし。


Advertisements..

フラッシュと被写体の光量と距離の算数的関係

距離の二乗に反比例して光量は落ちますから
(距離が離れれば、面積が広がる。面積は、長さの二乗だから、
フラッシュの光源と、被写体が受けるフラッシュの光の量の関係は、
その距離の二乗に反比例する。)

前後差が大きい被写体を撮ろうとすると、
手前が明るすぎ、
奥が暗すぎる、ということになります。

しかも、猫は生き物で、いつも絶えず動いていますし、
こっちも、猫一匹の写真を撮るだけのために、わざわざ三脚をセットするわけにいきません
(セットしていたら、その物々しさで、猫は簡単に逃げちゃいます)。

露光時間が長くなれば長くなるほど、ボケボケの写真になってしまいます。

そこで、今回は、なるべく近寄って、ピントを注意深く合わせておいて、
最後にフラッシュをたいて 写真におさめました。

それで、キャットアイがキラーン!って光ってますね。
cat トルコ イスタンブール 猫歩き フラッシュをたいて夜にネコを撮った写真 画像


Advertisements...

このページの先頭へ