トルコの夜の猫を撮るって難しいですね!トルコに限らないか・・・?

夜のトルコの猫の撮影って、難しいですね。
まぁもちろん、トルコでなくても、夜の写真の撮影は、
また 別の技術が必要です。


スポンサードリンク

つまり、光量が足りないんですよね。
ピントも合いにくいし、

光量が少ない分、
露光時間を長めにすると、
こんどは、カメラがぶれたり、
被写体が動いたりして、
これまたぼんやりしたイメージになります。
フラッシュの能力にも限界がありますし。

フラッシュと被写体の光量と距離の算数的関係

距離の二乗に反比例して光量は落ちますから
(距離が離れれば、面積が広がる。面積は、長さの二乗だから、
フラッシュの光源と、被写体が受けるフラッシュの光の量の関係は、
その距離の二乗に反比例する。)

前後差が大きい被写体を撮ろうとすると、
手前が明るすぎ、
奥が暗すぎる、ということになります。


スポンサードリンク

しかも、猫は生き物で、いつも絶えず動いていますし、
こっちも、猫一匹の写真を撮るだけのために、わざわざ三脚をセットするわけにいきません
(セットしていたら、その物々しさで、猫は簡単に逃げちゃいます)。

露光時間が長くなれば長くなるほど、ボケボケの写真になってしまいます。

そこで、今回は、なるべく近寄って、ピントを注意深く合わせておいて、
最後にフラッシュをたいて 写真におさめました。

それで、キャットアイがキラーン!って光ってますね。
cat トルコ イスタンブール 猫歩き フラッシュをたいて夜にネコを撮った写真 画像


スポンサードリンク
ちなみに、私の京都大学大学院の後輩である 加藤 将太 君が、
起業に役立つセミナーを開講しています。

その加藤将太くんが、
5月11日に千葉テレビの「池本克之の社長のホンネ研究所」という番組にて、
年間2000人が学ぶ日本最大級の起業スクールを運営する
「マーケティングコンサルタンツ株式会社」社長として出演しました。

私も、海外生活を成功させるために、彼のセミナーから、かなりの事を学んできました。

加藤 翔太 君 が主催するセミナーでは、【起業センス】測定というオンラインテストを、
本来は5000円実費がかかるところ、なんと現在のところ無料で受けることができます!

ちなみに、現在の私の【起業センス】は、【71】 です。
この【起業センス】を上げないで、
海外で起業して、独立・滞在しようとすると、
海外生活は、ほぼほぼ失敗します。

失敗して大金を失ってしまわないためにも、
まず、【起業センス】を上げる方法を加藤さんの無料セミナーで学んで、
↓↓起業センスがいくつになるか 挑戦してみてくださいね ↓↓


⇒こちらから無料で加藤将太さんの起業ビジネスセンスを測定してみる。


このページの先頭へ