信号機おもしろ画像。ポールまで信号機の色@アダナ@トルコ

信号機の信号の色が変わるのは当然ですが、
ポールまで色が変わるのって、
見たことありますか?


スポンサードリンク

トルコの南側に、アダナ・ケバブで有名な、
アダナという地名の場所があるんですが、
そこに行った時の信号機の写真・画像をご紹介しましょう。

信号機の色に合わせてポールの色が変化する信号機の画像・写真

信号機の信号の色、
つまり、「青色、黄色、赤色」が変わるのに合わせて、
ポールまでも 色が変わる、
面白い信号機を見つけました。
トルコ アダナで、ポールの色が、信号機の色に応じて変化している面白い画像 写真


スポンサードリンク

これには、青色発光ダイオードの発明の功績が大きいんですけどね。
青色の光 というのは、赤や黄色に比べて光の波長が短いので、
【波長が短い】、つまり、【エネルギーの大きな】バンドギャップを発生させる
半導体をつくるのに、技術者は苦労したんですよ。
ちなみに、青色発光ダイオードは、日本人の発明です。

発明者に特許料収入、ほとんど払わなかったなぁ。あの会社。
まぁもちろん、企業としても、会社を守る必要がありますからねぇ。。

さて、ポールまで色が変わるので、
色の判別は大変しやすいです。

しかし、アダナの運転マナーは、
イスタンブールよりも更に悪く、毎日事故を目にするとのこと。

日本でも交通事故は目にしますが、
さすがに毎日じゃないんじゃないでしょうか。

イスタンブールでも、運転は粗いですが、
事故らしき事故は、毎日は見ないですね。

あと、どうみても「緑色」である信号機の色を、
「青色」というのが、また納得いかないですけどね。(笑)
世の中、変なことも「普通」であることが多く。。。


スポンサードリンク
ちなみに、私の京都大学大学院の後輩である 加藤 将太 君が、
起業に役立つセミナーを開講しています。

その加藤将太くんが、
5月11日に千葉テレビの「池本克之の社長のホンネ研究所」という番組にて、
年間2000人が学ぶ日本最大級の起業スクールを運営する
「マーケティングコンサルタンツ株式会社」社長として出演しました。

私も、海外生活を成功させるために、彼のセミナーから、かなりの事を学んできました。

加藤 翔太 君 が主催するセミナーでは、【起業センス】測定というオンラインテストを、
本来は5000円実費がかかるところ、なんと現在のところ無料で受けることができます!

ちなみに、現在の私の【起業センス】は、【71】 です。
この【起業センス】を上げないで、
海外で起業して、独立・滞在しようとすると、
海外生活は、ほぼほぼ失敗します。

失敗して大金を失ってしまわないためにも、
まず、【起業センス】を上げる方法を加藤さんの無料セミナーで学んで、
↓↓起業センスがいくつになるか 挑戦してみてくださいね ↓↓


⇒こちらから無料で加藤将太さんの起業ビジネスセンスを測定してみる。


このページの先頭へ