今日は春なのに 雹(ひょう)が降りました。

トルコ イスタンブールで 雹(ひょう)が降るなかバスを待つ人々の写真 霰(あられ)画像

本日、4月20日は、
4月に入ってしばらく経ち、
春の雰囲気でヌクヌクしていたのに、
冬か?と思うぐらいとても寒く、
雨も降り、雹(ひょう)まで降りました。

雹(ひょう)とは?

雹(ひょう)とは、積乱雲から降る直径 5 mm 以上の氷の粒のことをいいます。

もし、その直径が5 mm よりも小さい場合、これは、
「霰(あられ)」と呼ぶことになっています。

つまり、雹(ひょう)の方が霰(あられ)よりも大きい、ということですね。

それにしても、なんか、どれもこれも漢字が似ていますね。。。
雹(ひょう)
霰(あられ)
ついでに、
霧(きり)
雷(かみなり)


覚え方:幾重にも幾重にも雨で「包」みまくって、大きくなったのが「雹」。

それが「散り散り」に砕け「散」って小さくなっちゃった方が「霰」
とでも覚えておきましょうかね。

ついでに、雷について。田んぼに落ちるのが雷(かみなり)。
稲妻(いなづま)は、空中で放電が起きる現象のことをいいますが、
この放電が起きると、稲が良く育ち、豊作になるため、
「稲」の「妻」ということで、「稲妻」と言われるようになったといわれています。

これには、科学的(化学的)根拠があり、
空中で窒素(N2 ガス)が、電気の力で、窒素化合物となり、
稲の天然の窒素肥料となるため、稲がよく育つのです。

ところで、トルコ語では、そんな雹と霰の
大きさの違いなんかどうでもいいらしく、
ヒョウもアラレも区別なく、
dolu と言います。

ちなみに、英語でも 大きさによる区別はなく、
ヒョウもアラレも
hail (ヘイル)と言います。

「言葉」が先か、「概念」が先か?

言葉があって、概念を表現するのか、
概念があって、言葉が生まれるのか、
言語学者はいつもそれを論題にしたがりますよね。。。

我々が ヒョウ とアラレを区別するのに、
トルコ語 英語ではその区別がない。

同様に、我々が「雪」としか言わないものでも、
イヌイット エスキモーは、それを非常に細かく分類して、
52の表現で区別してきたのだとか。。。

まぁ彼らにとったら、
雪の状態で、現に自分たちの生死が関わっていたので、
52の『雪』の違いというのは、本当に重要な指標なんでしょうね。

はじめに言葉があって、概念を表現するのもあるとはいえ、
やはり、生活の状況に応じて、新たに言葉も生まれてくるんじゃないでしょうかね。

「インターネット」とかですね。
まぁ、「インターネット」も新しいものとはいえ、奥が深いですが、
これも、極論すれば「軍事技術」の発展系なんですが。。。
あまり、深入りはしないでおきましょう。

ヒョウ アラレ 雪などのまとめ

トルコ イスタンブールで 雹(ひょう)が降るなかバスを待つ人々の写真 霰(あられ)画像


Advertisements..
  • (ひょう)は直径5ミリ以上
  • (あられ)は直径5ミリ以下
  • エスキモー イヌイットは、雪を52分類してきた
    まず言葉があって概念を認識できるとはいえ、
    状況に応じて新語も作り出されていく
雹(ひょう)に打たれないよう、注意しましょう。

過去には、エジプトやイスラエルで、かなり多くの人が、
雹(ひょう)に打たれて死んだと言われています。

我々も、下手すると、死んでしまいますから。
雹(ひょう)には注意しましょう。


Advertisements...

このページの先頭へ