頭が良い人に共通の9つ特徴とは?まとめ

トルコ イスタンブール シシリで2匹の猫がエサを前にしてお座りしている画像 写真 背景にシシリの街並みが見えている

あなたも、自分の頭を良くしたくありませんか?
この記事では、地頭の良さに関係なく、
自分の頭を良くする9つの方法をまとめています。

それでは、さっそくひとつずつ見てみましょう。

1. 計算用紙がいつもすぐ手の届く所にある

科学的統計によると、
ただ単に考えているだけ という方法に比べて、
物事を書き出して整理して進めていくほうが、
作業効率はなんと3倍になる、という結果が出ているようです。

会議などでも、ただ単なる会話だけの話し合いによるよりも、
ホワイトボードや黒板などを使って可視化するだけで、
会議にかける時間を3分の1にすることができるかもしれません。

計算用紙といっても、何もキレイな紙である必要はありません。
裏紙でOKです。

計算用紙を手元に置くようにして、
いつでも使える状態にしておきましょう。

2. 書きやすいペンを持っている

ペンは非常に重要なアイテムです。
ペンは剣より強しとも言われます。
効率向上のため、剣や、のこぎりの刃を研ぐのも重要であるように、
トゥールとして、使いやすいペンを使用することは非常に重要です。

もし、ペンが書きにくいものだったり、インクが出にくいものだったりすると、
それに気が奪われてしまい、
本来書き留めたいことに集中できなくなります。

書きにくいペンは、さっさと捨てましょう。
書きにくいペンを捨てるのは、
もったいないことではありません。

むしろ、自分の貴重なアイデア、時間、エネルギーなどを捨てる方が
もったいないでしょ?

インク切れの起きない、高品質のペンを揃えておくようにしましょう。

3. 優先順位が明確である

頭の良い人は、明確な優先順位を持っています。

単なる感情だけで、
「今これしたいから、これをする」というような
行き当たりばったりの行動をしません。

とはいえ、優先順位が明確なので、
「今これしたい。これも優先順位の上位にあるものだから、
今のうちにこれを片付けておく」というような思考もあります。

明確な優先順位をつけるようにましょう。

4. テレビを見ない

痴呆の人が生活している環境(家、施設を含む)では、
ほぼ間違いなく、テレビがずっとつけっぱなしの状態です。

テレビで思考力は全く培われません。

むしろ、テレビによって、思考力は確実に低下、減少します。
テレビを見続けると、痴呆になります。

マスコミも、自分たちのプロパガンダを宣伝するだけのために、
放映権を行使しているだけですから、
報道される内容に、真理・真実があるはずがありません。

テレビを見る習慣を今すぐ やめましょう。

5. 有毒な煙を吸わない

当たり前のことですが、有毒な煙の害については、
ものすごく豊富な量のデイタがあります。

喫煙は、脳の血管を収縮させ、脳内血流量を減少させ、
他にも色々な作用が加わり、思考力は低下します。

煙を吸引したごく数分のみ、交感神経が優位になるため、
一瞬目が覚めたような状態になるようですが、
その後は、吸引する前よりも交感神経が落ちるため、
吸引前よりもひどい状態になります。

ただ、有毒な煙を発生させる商品の販売関連の利権が非常に大きく絡んでいるため、
有毒な煙の害については、あまり多くは語られません。
しかし、有毒な煙を吸うことのないようにしましょう。

6. 多種類の食材でできた食事をたくさん食べる

脳みそは、ブドウ糖(グルコース)のみが栄養源である、
と言われてひさしくなります。

あながち間違いでもないのですが、
正しい表現ではありません。

というのも、脳の神経細胞が、
正常に活動するために、ブドウ糖をエネルギーとして消費するためには、
これまではあまり知られてこなかった、
非常に多種類のミネラル(微小元素、微量元素など)が必要であるということが
わかってきています。

つまり、ブドウ糖がエネルギーとして必要なのは確かですが、
たくさんの種類の食材に含まれている、
多様な、微小元素、微量元素を取り入れないと、
脳細胞は、ブドウ糖エネルギーを活用しきれないのです。

そのためには、たくさんの種類の食材を食べる必要があります。
品目の少ない食事をするのではなく、
バライェティに富んだ食事をしましょう。

7. アウトプットの量が半端ない

学んだ(インプットした)ことを
アウトプット(出力)をすることによって、
学習した内容は、脳に定着します。

アウトプットの習慣を持ちましょう。

学んだことを、他の人とシェアするというのは、
非常に有効なアウトプットの手段です。

出し惜しみせずに、周りの人に与えましょう。
そうすれば、自然と自分の頭も良くなります。

8. 自分への投資を惜しまない

自分への投資は、必ず自分に返ってきます。
撒いた種を 刈り取るということですね。

投資、というのは、消費とは違います。
消費するのは、時間なり、エネルギーや、金銭などを
使っておしまいですが、
投資は、自分の時間、エネルギー、金銭などを増やしてくれます。
自分を成長させるための自己投資を積極的におこないましょう。

9. 賢い人達に囲まれている

勉強の習慣のない人にとって、
何かを学ぶ、というのは、非常に馬鹿げたことのようです。

わたくしも、中学の時に経験しましたが、
熱心に勉強していると、
「勉強なんかすんなや!」と、からかわれたことがあります。

賢くない人に、有益な情報を教えてあげても、
「自慢か?」とか、
「えい、この野郎!」といって、
大事な勉強道具を傷つけてきたりします。

周りの人がこういう人ばっかりだと、
そういう、わけのわからん反応が返ってきます。

そんな人達に囲まれていたら、
成長できるわけがありません。

悪い交わりは、自分の有益な習慣を腐らせるのです。

そういう愚鈍な人からは離れ、
賢い人達とだけ接するようにしましょう。

頭の良い人達に共通する9つ特徴のまとめ

トルコ イスタンブールで3匹の猫がエサを目の前にして互いに牽制し合っているようすの写真 画像


Advertisements..
1. 計算用紙がいつもすぐ手の届く所にある
2. 書きやすいペンを持っている
3. 優先順位が明確である
4. テレビを見ない
5. 有毒な煙を吸わない
6. 多種類の食材でできた食事をたくさん食べる
7. アウトプットの量が半端ない
8. 自分への投資を惜しまない
9. 賢い人達に囲まれている

では、9つの特徴を意識して、日頃の習慣を改善していきましょう。


Advertisements...

このページの先頭へ