トルコ カッパドキアってどんな所?写真付きでご紹介

トルコ カッパドキア 上半分が青い空で 下半分がカッパドキア独特の地下都市の窓が見えている画像 写真

トルコといえば、「カッパドキア」も有名なところです。
何年か前に、メディアを何度かにぎわせたこともある
カッパドキアですね。

「カッパドキア」という表現に関して、
日本語では表現に揺らぎがあって、
カッパドキア、カパドキアなどと呼ばれています。

ラテン語では、 Cappadociaで、
英語の表記も、Cap·pa·doʹci·a ですが、
読みは「カパドウシア」となります。

トルコ語では、
Kapodokya で、「カパドキヤ」と言います。

みんな、ちょっとずつ違う発音だということですね。

カッパドキアでは雨が多い?

偶然がどうか知りませんが、
私がカパドキヤに行った時には、
雨がよく降っており、
本当に、「雨合羽 着 どきや!」とも言えんこともない状態だったんですよね。

そういうボケを言っていると、
「その時動けなかったでしょ?
そのカッパ、土器や!」とツッコミを入れてくれた友達がおりました。

それはさておき、カッパドキアは、
トルコの中央部に位置しており、
ルークもピーターも、カッパドキアという名称を記しています。

そう、カッパドキアもトルコの国内にあるんですよね~。

カッパドキアは、山の中をくり抜いて作った地下都市が有名です。

地形がとても面白い形をしており、
それまで見たこともないような、
面白い地形が広がっています。

カパドキヤでは、比較的柔らかい岩盤と、
より硬い岩盤がある一定の厚みをもって重なっています。

それで、より柔らかい方の岩盤が、
雨や風、嵐などの侵食作用によって、
削り取られ、上のより硬い岩盤が残って、
面白い形になったりしています。

今回の写真は、カッパドキアでの写真の一枚です。
トルコ カッパドキア 上半分が青い空で 下半分がカッパドキア独特の地下都市の窓が見えている画像 写真
空気が元々綺麗からなのか、
雨で空気がきれいになったのか、
両方の作用があってからなのかはわかりませんが、
ともかく青空がとても綺麗な所でしたよ。


Advertisements...

このページの先頭へ