カッパドキアといえば気球でしょ?バルーンからの景色,乗る時の注意点とは?

カッパドキアの気球からの地形と気球の眺め 青空が綺麗で 面白い地形が広く見えている画像 写真

各地でそれぞれ有名なイベントというのがありますね。


スポンサードリンク

トルコのカッパドキアでは、気球に乗るのが有名です。
高所恐怖症の方にはお勧めできませんが、
やっぱり、実際に行ってやってみないと味わえない感覚がありますよ。

ガスバーナーを炊いて、いざ上昇

カッパドキアで熱気球をガスバーナーで温めている画像 写真

文章にして、一枚の写真にすると、これだけですが、
人が乗れるために熱気球をガスバーナーで温めるという、
その準備作業は、ものすごい重労働で、時間と労力を要するものですよ。

熱気球に乗って、かなり上昇してもらう

熱気球に乗って、他の気球を見下ろしている画像 写真 カッパドキアツアー

基本的に、気球の中の気体を暖め、
上昇しながら、自然の風にまかせて流されるものなので、
気球に乗っている間は、かなり静かです。

風に流されているために、風とほぼ当速度で移動するので、
相対的に、風を感じません。


スポンサードリンク

カッパドキアで気球を体験する際の注意点とは?

料金の安い気球ツアーに申し込むと、
かごの中に詰め込まれる客の数が多すぎて、
景色が見られないこともありますから、
その点は注意なさったほうがいいでしょう。

カッパドキアで気球に乗る時の服装は?

また、日の出前に出発するので、
とても気温が低いです。
つまり、めちゃくちゃ寒いです。

カッパドキアは内陸に位置するので、
昼と夜の気温差が激しいです。

(海水に比べて地面の比熱が小さいため、
熱しやすく冷めやすいから、内陸では気温差が激しくなる。)

カッパドキアでは、
昼は半袖でも暑いぐらいなのに、
夜は、ダウンコートを着ないと寒すぎて
テンションがだだ下がりになることがあります。
十分に暖かい服装でのぞみましょう。

気球かご の中で走り回ったり、
押しくらまんじゅう なんてできっこないですし、
暑くなったら、脱げばいいだけですから。

カッパドキア熱気球のまとめ

カッパドキア 気球 からの気球の眺め 景色の写真 画像 複数の気球が見えており、下には地面も見えている画像

  • 景色は圧巻
  • やっぱり、万が一落ちたら、、とは考えてしまう
  • めちゃくちゃ寒いので、暖かい服装で
  • カッパドキアの気球を体験してみたいかたは、
    少なくとも上記の点にご注意なさって、
    お楽しみくださいね。

    高所恐怖症や、そもそもトルコに行けないという方は、
    引き続きこのトルコ猫歩きのウェブサイトをお楽しみください。

    実際に行ったみたいな気分になれるぐらいの情報量と、
    オリジナリティを目指しています。

    これからもこのサイトの応援をよろしくお願いしますね。


    スポンサードリンク
    --------------------
    ちなみに、私の京都大学大学院の後輩である 加藤 将太 君が、
    起業に役立つセミナーを開講しています。

    その加藤将太くんが、
    5月11日に千葉テレビの「池本克之の社長のホンネ研究所」という番組にて、
    年間2000人が学ぶ日本最大級の起業スクールを運営する
    「マーケティングコンサルタンツ株式会社」社長として出演しました。

    私も、海外生活を成功させるために、彼のセミナーから、かなりの事を学んできました。

    加藤 翔太 君 が主催するセミナーでは、【起業センス】測定というオンラインテストを、
    本来は5000円実費がかかるところ、なんと期間限定で無料で受けることができます!

    ちなみに、現在の私の【起業センス】は、【71】 です。
    (社会人の平均は【42】 この【起業センス】を上げないで、
    海外で起業して、独立・滞在しようとすると、
    海外生活は、ほぼほぼ失敗します。

    失敗して大金を失ってしまわないためにも、
    まず、【起業センス】を上げる方法を加藤さんの無料セミナーで学んで、
    起業センスがいくつになるか 挑戦してみてくださいね。
    加藤くんの無料のセミナーを受講をして次に進むと起業センスを測定することができるようになります。
    ↓↓下記のリンクをクリックして、セミナーを受講してから、起業センスを測定してみてくださいね。↓↓


    ⇒こちらから無料セミナーを受講して、期間限定の加藤将太さんの起業ビジネスセンスを測定してみる。



    このページの先頭へ