トルコのスーパーマーケットの店員の驚きのお客様対応とは?

日本の常識は世界の非常識。
世界の常識は日本の非常識。。。


スポンサードリンク

まぁずっと日本で暮らしていると、
何が常識で何が非常識なのか、
世界的な感覚はわかりません。

良い意味でも悪い意味でも、これはれっきとした真実のようです。

このまえ、スーパーマーケットに私が、行ったんですが
(もちろん、日常的にスーパーマーケットに行きますが)、
その時のスーパーマーケットの店員の顧客対応が驚きだったので、
この記事で紹介しましょう。

自分がアルバイトしていたころに教えられたこと

わたくし、リオンが日本のドラッグストアでアルバイトをしたときは、
【商品の先入れ先だし】というのは徹底して教えられた気がします。
(今ある商品は手前に、新たに入ってきた商品は奥へ陳列する)。
商品の製造年月日が極端に違いすぎてしまわないようにということで、
ある意味正論のような気がします。

でも、所変われば品変わる。
トルコの町のスーパーマーケットでは、
先入れ先だしなんていう概念はあまり無いらしく、
テキトーに並べてあります。

とあるスイーツを買ってみた

この前、あまり確かめずに、スーパーマーケットで
とあるスイーツを買ったんですが、
家に帰ってから食べようと思って見てみると、
そのスイーツはダメになっていました。

お店に戻り、商品を交換してもらうことに

「こりゃダメだぁ(T_T)」
と思い、スーパーマーケットに戻って、
商品を交換してもらうことにしました。

わざわざスーパーマーケットにまで出戻って、
さっきのレジ係の姉さんに、商品を見せて手渡して、
「これ、ダメになってるんですけど」
って言ったら、

「んじゃあ、交換してください」
って言われました。
まぁここまではいいんです。
有りがちな対応です。


スポンサードリンク

で、私が、店の奥に行って、ダメになってないスイーツを探しに行こうとすると、
「あ、これ、元の場所に戻しといてよ」って。
https://toruko-neko.com トルコ イスタンブールでクリーム色の猫が、不思議そうにこちらをいぶかっている画像

「えっ!!??」ですよ!
「まじっすか?これ、元の陳列台に戻すんスカ?」

商品価値の無い、廃棄処分相当の商品を、
(別のお客様用に?)陳列し直すということでしょか??

(私にとっては)前代未聞の対応だったので、
めちゃくちゃ あれこれ 考えてしまいましたが、
まぁ、店員がそう言うんだから、しょうがないですねー。

言われるがまま、その ダメになってる商品を 陳列台に戻して、
ダメになってない別ロットの美味しそうなスイーツを取って、
レジのお姉さんに見せたら、

「ん、オッケー」とのこと。(笑)
とりあえず、家に帰って、無事、美味しいスイーツは食べられました。

トルコのスーパーマーケットで買い物をする時に気をつけるべきこと

いやぁ、トルコで買い物をするときは、よく中身を確かめてから
買いましょう。

って、でも、食べ物って、中身確かめられないことも多いですよね。。
とりあえず、注意して買い物をしましょう、ということで。


スポンサードリンク
ちなみに、私の京都大学大学院の後輩である 加藤 将太 君が、
起業に役立つセミナーを開講しています。

その加藤将太くんが、
5月11日に千葉テレビの「池本克之の社長のホンネ研究所」という番組にて、
年間2000人が学ぶ日本最大級の起業スクールを運営する
「マーケティングコンサルタンツ株式会社」社長として出演しました。

私も、海外生活を成功させるために、彼のセミナーから、かなりの事を学んできました。

加藤 翔太 君 が主催するセミナーでは、【起業センス】測定というオンラインテストを、
本来は5000円実費がかかるところ、なんと現在のところ無料で受けることができます!

ちなみに、現在の私の【起業センス】は、【71】 です。
この【起業センス】を上げないで、
海外で起業して、独立・滞在しようとすると、
海外生活は、ほぼほぼ失敗します。

失敗して大金を失ってしまわないためにも、
まず、【起業センス】を上げる方法を加藤さんの無料セミナーで学んで、
↓↓起業センスがいくつになるか 挑戦してみてくださいね ↓↓


⇒こちらから無料で加藤将太さんの起業ビジネスセンスを測定してみる。


このページの先頭へ