クーデター明けのイスタンブール。道路は静かでいつもほど賑やかでない

トルコイスタンブール現地時間の午前1時30分あたりから、
午前5時くらいまで、つまり4時間くらい
爆弾が爆発するような轟音や、
銃声が鳴り響き、

軍事ヘリコプターや
戦闘機が超低空飛行をしていたようで、
まったく寝られなかったです。


Advertisements..

クーデター中は、爆音が約4時間続いた

エンジン音は色々聞き分けるのが元々好きでしたが、
この時ばかりは、命の危険を感じましたね。

爆発による爆風を、部屋の中にいても頬で感じました。

なんども、ミサイル発射音?みたいな音が
耳をつんざき、
建物もそれで揺れました。
どこに何を発射しているんだろうかと、非常に心配になりました。

威嚇射撃にしろ、そうでないにしろ、
物理を少しやっていればすぐわかることですが、
実弾を空中に発射した場合、
空気抵抗をほぼ無視すると、
重力に打ち勝って、地球から出て行くような速度で発射しないかぎり、
実弾は、発射された初速と同じ速さで地面に着弾します。

だから、威嚇射撃といっても、発射された実弾は
必ずどこかには着弾しているんですよ。
しかも、どの角度で発砲したとしても、
発砲されたのと同じ速度(正確には速度じゃなくて、速さで)で着弾するんです。

それゆえ、威嚇射撃といっても、とてもとても危険なんですよ。

そのクーデターがあってから数時間後の朝、街は
静かになっています。
トルコイスタンブールの大通り クーデター明けでひっそりしている画像
いつもなら、常に渋滞していて、
四六時中クラクションがなりっぱなしの混雑した道路ですが、
さすがに、今日は、すっからかんで、
「これじゃ、この道路の上で寝られるんじゃないか?」
と思えるほどです。

このクーデターの影響で、
日本政府は、「トルコの現地邦人の安否確認をするように要請した」とのことですね。
「本当なのか?」と思っていたら、
安否確認の電話がかかってきました。

政府職員も大変でしょうよ。。。

全員が全員電話に出るわけじゃないだろうしね。。
なにはともあれ、お疲れ様です。


Advertisements...

このページの先頭へ