トルコで2017年のラマダン(ラマザーン)はいつ?

2016年のトルコでのラマダン(ラマザーン)は、
2016年6月6日~7月5日でした。


スポンサードリンク

ラマダンの時期は、太陰暦に関係していて、
毎年、11日ほどずつ手前にずれていきます。

2017年のラマザン期間はいつ?

2017年のトルコでのラマダンは、
2017年5月27日~6月25日です。

ラマダン期間中のトルコはどんな様子なのか?

ラマダン期間中は、
ラマダンでの義務をきっかり守る人は、
日中 断食をするため、
太陽が出ている間、食べ物も飲み物も口にしません。

逆に、日没後、どか食いします。
普段食べている1日量よりも多くの量を食べます。

また、日の出の前に、食べ忘れがないように、という注意喚起を
わざわざしてくれる人が、早朝2時頃に、太鼓を
ドンドン叩いて、街中を練り歩いてくれます。

それで、ラマザン中の義務をきっかり守る人も、特に守らない人も、
みんな寝不足になります。


スポンサードリンク

お昼は、お腹が空いてみんな不機嫌ですし、
どの人も寝不足が続いて、さらにみんな不機嫌になります。

自分は断食をしない立場であっても、
断食をする人に配慮して、
ラマダン期間中は、路上で飲食をするのを控える人もいます。

これがラマダン期間中の現実です。

ラマダン期間中にトルコに旅行に来ることを計画されているようであれば、
そういう習慣もあるんだなぁ、ということは、
念頭に入れておいて損はないでしょう。

2017年のラマダンに関するまとめ

  • 2017年のラマダン(ラマザーン)の時期は、
    2017年5月27日~6月25日の約1ヶ月間です。
  • ラマダン期間中は、断食をする人がいる関係で、
    お腹が空いて不機嫌な人が多い。
  • 日の出前に食事をすることを喚起する太鼓隊のお陰で、
    どの人も寝不足になる。
  • ラマダンという習慣は日本にはないものなので、
    最初は戸惑うかもしれませんが、
    現実として受け入れましょう。


    スポンサードリンク
    ちなみに、私の京都大学大学院の後輩である 加藤 将太 君が、
    起業に役立つセミナーを開講しています。

    その加藤将太くんが、
    5月11日に千葉テレビの「池本克之の社長のホンネ研究所」という番組にて、
    年間2000人が学ぶ日本最大級の起業スクールを運営する
    「マーケティングコンサルタンツ株式会社」社長として出演しました。

    私も、海外生活を成功させるために、彼のセミナーから、かなりの事を学んできました。

    加藤 翔太 君 が主催するセミナーでは、【起業センス】測定というオンラインテストを、
    本来は5000円実費がかかるところ、なんと現在のところ無料で受けることができます!

    ちなみに、現在の私の【起業センス】は、【71】 です。
    この【起業センス】を上げないで、
    海外で起業して、独立・滞在しようとすると、
    海外生活は、ほぼほぼ失敗します。

    失敗して大金を失ってしまわないためにも、
    まず、【起業センス】を上げる方法を加藤さんの無料セミナーで学んで、
    ↓↓起業センスがいくつになるか 挑戦してみてくださいね ↓↓


    ⇒こちらから無料で加藤将太さんの起業ビジネスセンスを測定してみる。


    このページの先頭へ