雪の積もるイスタンブールで猫ちゃんはどう暮らしているの?(雪道の猫の画像あり)

トルコ イスタンブールで朝の5時に夜行性の可愛い猫がこっちに歩いてくる様子を撮った写真 画像

トルコ イスタンブールでは、今年の冬も雪が降っています。

4年くらい前までは、
イスタンブールに雪が降るなんていう現象は、
とても珍しいことでした。

でも、ここ数年、イスタンブールでは、
積もるくらい雪が降る日が、何日もあります。

そんな雪が積もっている寒い日に、
イスタンブールの猫ちゃん達は、
どうしているのでしょうか?

トルコに、「こたつ」はあるのか?

日本の有名な童謡・唱歌(「雪」)に、
ゆーきーやコンコ
あられや コンコ
降っては降ってはズーンずーん積もる。
・・・・
♪猫は こたつで丸くなる~♪

っていうのがありますね。

日本では、冬に
犬が庭ではしゃぎまわるのに対して、
猫はこたつのような暖かいところで丸くなるようですね。

トルコはどうかっていうと??
トルコには、そもそも、こたつが無いんで。。(笑)

イスタンブールでは、飼い猫は、外に居る

イスタンブールでは、猫は基本的に外で飼われています。
外で飼われて居るのであって、
野良猫が多いわけではないんですよ。

前にも書いたことがありますが、

飼い猫は、外に居るんです。

あまり猫を家の中に入れて飼おうという雰囲気ではありません。

猫は基本的に本来、夜行性である

それと、本来、猫は、夜行性なんだそうですね。
人間様の生活に合わせるために、
猫ちゃんは、昼間も起きてあげてくれているようですが、
それでも、昼間は基本的に寝るための時間みたいです。

それで、昼間はいつも眠たそうにしている。

逆に、夜は、
「いままでの 眠たそうな雰囲気はなんだったの?」
っていうくらい、目がシャキッと開いて、
凛(りん)とした顔つきになります。

それで、朝5時ごろ、今回、
「猫は路上でどうしているのかな?」と気になったので、
早朝(朝の5時ですよ!)に起きて、
大通りまで行って、猫と雪の様子を見に行きました。

(なんか、台風の時に、「田んぼの様子を見てくる)
と言い残して、豪雨の中を出掛けていって、洪水に巻き込まれてしまうかのような
恐怖をちょっと感じましたが)

その時に撮ったのが、今回の写真です。

トルコ イスタンブールで朝の5時に夜行性の可愛い猫がこっちに歩いてくる様子を撮った写真 画像


Advertisements..
夜の写真撮影って、非常に難しいんですよ。

多少なりとも『写真』撮影をされたことのある方なら容易に想像がつくと
思いますが、(必ずしも「写真」撮影だけでなく、
例えば、電子顕微鏡撮影、X線撮影など、基本的コンセプトは同じ)

光量が足りないと、
光のシグナルが足りず、相対的にノイズが強調され
(S/N比 が小さくなる、(Singnal / Noise) が悪くなる ということ)
シャッタースピードが遅くなる、というか、
露光時間が長めになるので、

動きのある、猫みたいな動物を、暗いところで、
ノイズを抑えながら撮るというのには、技術が要ります。

そうやって、苦労しながら、なんとか撮ったうちの一枚がこの写真です。
猫は意外と、寒い所でも、冷たい雪の上を歩くのも、
そんなに苦ではないようです。

『裸足』なのにですね。

長靴をはいた猫でもないのにですね。(笑)

冷たくないんでしょうか?

元々 夜行性の猫ちゃんということもあってか、
今回の猫ちゃんは、とても嬉しそうに雪道を歩いていましたね。

気候の変動にも対処しながら
雪道を颯爽(さっそう)と歩いて、
立派に生きているイスタンブールの猫ちゃんを今回はご紹介しました。


Advertisements...

このページの先頭へ