イスタンブールで道に猫が百匹?いる写真

トルコ イスタンブールで、二台の車の間に、四匹の猫が、餌をおねだりしている写真 画像

イスタンブールはとにかく猫が多いというのは
お伝えしてる通り。

道にネコ100匹

トルコ イスタンブールで、二台の車の間に、四匹の猫が、餌をおねだりしている写真 画像
ま、いくらなんでも、100匹は言いすぎたかな。。。
ひゃっぴき じゃなくて、
はっっぴき でした。

発音はほとんど同じで似てるんですが、
100匹と
8匹じゃ、
実際には92匹も差がありますね。

しかも、8匹といっても、
車に鏡のように写っているのも含めて数えているので、
実際には、
4匹しかこの写真にはいませんでしたが。。。

数学と国語の違い


Advertisements..

でもまぁ、八百万(やおろず)といったって、
実際に800万あるわけではないですし、
五十歩百歩 といえば、
50歩も100歩も同じ、という意味ですしね。

万里の長城も1万✕里(500m)=5000 km とは違って、
ここでも、「万」はたくさん、という意味で使われているし
(どうやら、作った当時は大体5000キロだったみたいですが、
その後、延長して継ぎ足しているのと、
いくつも枝分かれしていて、
現在の公式な総延長は「 21,196.18キロメートル」
となっているらしいので、
大体、【4万里の長城】というほうが良いのかもしれませんね(笑)

数学的には全然 的外れですが、
国語的には、意味が通じますよね。。。

ようは、猫がめっちゃ多い!ってことを言いたかったんです。

でもね、数学的にもちょっと
不思議なところがありましてね。。。
0.99999999・・・と、「9」が小数点以下、無限に続く数字は、
決して1には到達しないんですけれど、
1ー0.99999999・・・は、
現在の数学上では、0 (ゼロ)として扱っているんですよね。。。

現在の数学では、極限の世界、微分、積分の世界は、
この定義というか、仮定の上に成り立っているので、
いずれ、新理論がでてきても良いかもしれませんね。

やっぱり、トルコ、イスタンブールは、
猫好きにはたまらないところでしょうね。

どのネコも撫でてもらいたがっている

トルコで1匹の猫が二人のお姉さんに撫でてもらっているところの写真 画像
みんなで猫をかわいがっているので、
どのねこも、
「んねーねー、撫でて―」
と擦り寄ってきますよ。

上の猫とかさぁー、
ヨシヨシしてもらって、
うらやましいですよねーー(笑)


Advertisements...

このページの先頭へ