Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

【注目】猫が喜ぶ安全なキャットフード選びは、これを見れば一発解決!


キャットフードの種類が、世の中には多くありすぎて、
「どれが良いのだろうか?」と迷ってしまいますよね?

「猫の餌をかえたら、突然毛並みが良くなった」とか、

「どうやったら猫になついてもらえるか
わからなかったけど、
エサの選び方がわかったら、
猫になついてもらえるようになってめちゃくちゃ嬉しい!」
という人がいます。

でも、「猫のエサの種類の切り替え方がわからず、
下痢になってしまった」

という声もあるようです。

でも、この記事を読めばそのすべての悩みが一発で解消します

トルコ猫歩きブログが【猫ブログ】としてできることとは?


そういった悩みを抱えていらっしゃる方は
実は結構多いらしいので、

キャットフードの選び方の基本
ここに記しておきたいと思います。

キャットフードの選び方を知ってもらって、
あなたの猫も健康に、長生きしてくれて、
あなたも猫になつかれて、みんながハッピーになります。

最良のエサを与えてあげているんだよ、という自負心も生まれ、与える喜びも味わえます。

猫の好き嫌いを考慮に入れる必要もあるが、それよりももっと重要なこととは?


猫カフェに通うにしても、
自分の飼い猫の世話をするにしても、
エサ選びはとても重要です。

動物は自分が食べたもので、
その体は出来上がっています。

ですから、当然、食べ物というのは、
その体の健康、見た目、美しさに直結しますから、
この記事に記した内容は、あなたにとって、
非常に重要な意味を持ちます。

なお、このページの一番下に、
【キャットフード人気ランキング】を記しておりますので
「理由はともかく、結論が知りたい」という方は、
このページの一番下の【キャットフード人気ランキング】 に直行してくださいね。

猫は基本的に雑食ではないというのは本当ですか?


実は、猫は 基本的に肉食なんですよ!

猫は、元々【米】や【小麦】、【コーン】などの穀物を
食べるようには体が出来ていません。

猫の体では、これらの穀物は消化できないんです。

もちろん、
ライオンでさえ雄牛のようにわらを食べる
ことがあるかもしれませんが、

だからといって、
肉食をやめて草食動物になるかどうかなんて、
わかりませんからね。

ということで、
猫ちゃんの食事は、肉、魚が基本にあるべきなんです。

猫の好き嫌いにどう対処すべきなのか?


猫の舌にある味覚を感じる細胞の数は、
人間の10ぶんの一くらいしかないそうで、

猫は、人間が感じるような「旨さ」をもってして
食べ物を判断しているわけではないようです。

それよりも猫にとって重要なのが、「におい」で、
食べて安全なものなのかどうかを、
猫は【におい】で判断しています。

たいがいのネコ科の動物に共通している点として、
猫は、お酢など、酸っぱいにおいがするものが大嫌いです。

本能的に、「酸味のある食べ物は腐敗している」
と感知するように猫は造られているようですね。

猫は、酸味のあるもの、
あるいは、酸っぱいにおいのするものには
決して手をつけない、いや、舌をつけない、
という性質があります。

猫の腎臓とキャットフードのマグネシウム量との関係とは?


人間でも、猫でも、あるいは、
ほとんどの陸生生物に共通していますが、

体内の血液の浸透圧、血圧など調節には、
腎臓が大きな役割を果たしています。

腎臓で塩分濃度を調整しています。

腎臓で塩分濃度調節としては、
ナトリウムが話題になりますね。

もちろん、ナトリウムも重要な要素ですが、
ナトリウムだけでなく、マグネシウム塩の量も、
きちんと考慮に入れる必要があります。

市販の安物のキャットフードの場合、
マグネシウムの量が適正に調節されていない
ということが原因で、
腎不全に陥ってしまう猫が、日本では多いそうです。

かわいそうですね。

あなたの愛猫にはそういうことが生じないよう、
以下に挙げたキャットフードを使ってみるようにしてみてください。

キャットフードを切り替える時に注意すべき点とは?


猫は元来肉食動物ですから、
キャットフードはタンパク質の含有量が多いものに
していく必要がありますが、

突然 一気に切り替えてしまうと、
猫の体もびっくりするようで、
下痢になったりすることがあるようです。
ですから、少しずつ、割合を増やしていくなどして
段階的に切り替える方法がベストのようです。

また、今までの栄養価の低いキャットフードと同じ感覚で
同じような分量の良質のキャットフードをあげてしまうと、
栄養過多になりすぎてしまう傾向があります。

なので、それぞれのパッケージの裏面に記載された分量を目安に
あげると良いですね。

猫の体を考慮に入れて開発された、
人気のキャットフードランキングとは?


以上のことを踏まえて開発され、
獣医も推奨するキャットフードとして
以下の3つに人気があります。

ランキング1位イギリス最高級のキャットフード【カナガン】


グレインフリーでイギリス最高級のキャットフード【カナガン】のポイント
  • 穀物不使用
  • 子猫からシニアまで使える
  • 人工添加物不使用など
【カナガン】の公式ページを見てみる

ランキング2位【シンプリー】


プレミアムキャットフード【シンプリー】のポイント
  • 動物栄養学者が開発したキャットフード
  • 合成着色料や合成保存量不使用
  • 小麦やトウモロコシ不使用
  • 美味しいニオイなのに、人工香料不使用
  • 尿路結石やヘアボールトラブルに配慮など
【シンプリー】の公式ページを見てみる

ランキング3位プレミアムキャットフード【ジャガー】

    プレミアムキャットフード【ジャガー】のポイント
  • 動物性タンパク質80パーセント以上
  • グレインフリー(穀物不使用)
  • 原料の肉、魚には、人間が食べても問題ないレベルの
    「ヒューマングレイド」材料を使用。
  • 人工香料不使用など
【ジャガー】の公式ページを見てみる

猫に最適のキャットフード選びのまとめ


ということで、キャットフード選びのポイントとして
  • 穀物が入っていない(グレインフリー)こと。
  • 新鮮で、人工保存料や香料などを使っていないこと。
  • マグネシウム量が適性で猫の腎臓に優しいこと。
  • 肉食の猫の食事として最適化されていること。
  • などの理由でキャットフードとして、
    人気ナンバー1のキャットフードは、
    【カナガン】であるということがわかりました。
    お得に購入できる方法を調べておきましたので、
    ↓是非ご覧ください。↓
    ⇒【カナガン】をお得に購入する方法を見てみる

ページトップへ戻る