トルコの救急車はどんなの?112番通報 イスタンブール 写真

ambulance トルコ イスタンブール 救急車 アンビュランス
Advertisements

トルコで救急車を呼ぶ電話番号は、
112番(yüz on iki、 ユズ オン イキ、ユゾニキ)です。

トルコでは、火事と救急が別れています。

だから、日本の119番通報のように、
「火事ですか?救急ですか?」
ということを聞かれずに すみます。

ちなみに、トルコでは、
警察と交通警察も別れているので、

何かしらの刑事事件相当の緊急通報と、
交通事故で警察を呼ばなきゃいけない電話とは、
番号が別れているので、
同じ番号にかける必要がありません。

なお、緊急通報電話番号に関しては、
トルコ国内の緊急連絡先まとめ:警察 交通警察 ジャンダルマ 消防 救急車 沿岸警備隊 総領事館 大使館 外務省など
にてまとめてあるので、そちらをご覧ください。

イスタンブールの救急車とは

イスタンブールでは、
救急車は、フォルクスワーゲン製か、
ダイムラー(メルツェデス(メルツェデス)ベンツ)製であることが多いですね。

ambulance トルコ イスタンブール 救急車 アンビュランス

人が車内で立って作業できるように、
背の高い車であることが多いです。

後ろ側はこんな感じ

救急車 トルコ イスタンブール 112番通報 HIZIR ACİL ambulans

ちなみに、ドイツのデュッセルドルフにある救急車は、
こんな感じです。

ドイツの救急車 arbeiter samariter bund ASB

ドイツでも、救急車を呼ぶ時は112番ですので、
トルコと同じ番号ですね。

トルコとドイツの仲がいいのは、そういうソフト面でも、
共通部分が多いからでしょうか。

トルコ語で「救急車」を言う時の発音について

英語では、救急車のことを、ambulance と書いて、
IPA(国際音声記号 International Phonetic Alphabet)で表現すると、
/ æmbjlns /となり、アクセントは一番最初の æ に落ちます。

なお、IPAは、使うウェブブラウザによっては
高頻度に文字化けしてしまうので、
困ったもんですねぇ。。

だから、結局カタカナを使わないといけないことが多くあります。
あとは、IPAを画像にして、画像を貼り付けるという手もあるんですが、
それもねぇ。。

トルコ語では、救急車のことを、ambulans と書いて、
アmビュラーンスと読みますが、
ここで、いいたいのは、
トルコ語の「ア」という母音の発音に関してです。

よく、「トルコ語は、書いてある文字のまま発音すればいい」という、
間違った記述を目にすることがあります。

でも、実際は、書いてある文字のまま発音しては駄目で、
単語ごとに、発音を覚えないといけません。

トルコ語の 「ambulans」 の場合、「a」が2つありますが、
この2つの「a」は別の発音です。
初めの「a」は日本語の「ア」と同じ発音ですが、
二つ目の「a」は、「ア」と「エ」の間のような、
ちょっと変わった発音です。

このことからもおわかりいただけるように、
トルコ語は、単に文字をそのまま読めばいいというのではない
ということがおわかりいただけるかと思います。

トルコ語の「ディクスィオン」という特別な課程の授業で
そのことを習いました。

ということで、一般的に言われていることと、
真実とには、大きな差があることが実は多い、
ということですね。

そのことに関しては、
このトルコ猫歩きウェブサイトでも、たくさん紹介してきましたし、
これからも紹介していくつもりです。

トルコの救急車のまとめ

ambulance トルコ イスタンブール 救急車 アンビュランス


  • トルコでもドイツでも救急車を呼ぶ時の緊急電話は、112番である
  • トルコで、火事(110番)と救急(112番)の電話番号は別である。
なるべく健康で居たいものですが、
どうしても必要になるときもあるかもしれませんから、
そういうときのためにも、念頭に入れておいてくださいね。


Advertisements

このページの先頭へ