南キプロスの観光スポット、パフォスとは?

パフォス港でヤシの木が青空の下でそよ風になびかれている綺麗な写真 画像

南キプロスの観光スポット パフォス( Paphos, Pafos, Πάφος)

キプロス島のパフォスは、
西暦 1世紀、ローマ執政官代理<プロコンスル>など、
著名人も何度か訪れている歴史的な場所です。

どんなところなのかと思い、
トルコ、イスタンブールから、
ちょっとキプロスに行ってみたので、
探検記をここにレポートします。

パフォスの位置

パフォスは、キプロス島の南西端にあります。



Advertisements..


新パフォスと旧パフォスについて


パフォスには、新パフォスと、旧パフォスの2つがあります。

“Old Paphos” (Kouklia) の15 キロほど北西に行った所に
New Paphos(新パフォス)があり、
その 新パフォスをパウロも訪れたようです。

ある文献では、
『(新パフォス)は、現代のクティマの南約1.5㌔の所にある
バッフォという古代の海港に残る幾つかの遺跡です』
となっていますが、
これは、情報が古いので、注意が必要です。
一般に、「パフォス」といえば、文献の「新パフォス」のことをいうようです。

パフォスへの交通手段

キプロスの中心にある都市、首都のレフコシャ(ニコシア)から
都市間連絡バスで片道7ユーロ、およそ2時間でパフォスにいけます。
バスの運転手から直接チケットを買います。
当然 現金のみの取扱です。

パフォスでの見どころポイント

パフォスには、
パフォス城、考古学公園、灯台、半円劇場などがあります。

パフォスの灯台、パフォス城、考古学公園などは、入場料を払って入る区画にあるので、
入場券を買う必要があります。

パフォス城

キプロス島の パフォス城を浜辺から見た写真 画像
パフォス城に登ると、
全体を見渡せるので、
何がどうなっているのか、
頭を整理し易いと思います。

そんなに高さは高くないんですが、
意外と良い景色が見られます。
キプロス島 パフォス城からの眺め 景色の写真 画像

Paphos Archaeological Park

考古学公園の入場口がどこにあるのかわからず、巨大な公園の外回りを
ぐるーーーっと一周、(1周半)して、ようやく、
エントランスを見つけました。
パフォス考古学公園入口の写真 画像
パフォス港の大きなバス乗り場のすぐ近くにその入口があります。

モザイクタイルの床などがキレイに保存されています。
paphosmosaic
パウロがそばに立ったという石も保存されて展示されています。
パフォスでパウロがそばに立ったという石
その石自体は、入場料無しの区画にあるので、
無料で見ることができます。
この公園は、ものすごーく広い施設で、ほとんどが舗装されていない砂利道なので、
歩きやすい運動靴などを履いていくことをお勧めします。

paphoswhitecat

南キプロス探検のまとめ

南キプロスのスポットとしては、
「パフォス」という場所がマストアイテム ポイントです。

本などで地名が出てきても、
実際にそこに行って歩いてみないと、
全然実感がわかないと思います。

なかなかそこまで行けないょという場合でも、
地図を参考にしながら、
写真を見ていると、
実際に行ったような間隔も味わえるんじゃないかと思います。

そのためにも、このページで写真も載せていますので、
是非参考にして、活用してくださいね。
パフォス港でヤシの木が青空の下でそよ風になびかれている綺麗な写真 画像


Advertisements...

このページの先頭へ