トルコで2匹の可愛い猫がじゃれている写真 画像

トルコ イスタンブールではあちこに猫がいて、
互いに じゃれあっている猫ちゃんたちもたくさんいます。


スポンサードリンク

じゃれあって遊び合う仲間が居ていいもんですね。
ほほえましいです。

動物でも、遊び相手が欲しいということですね。

じゃれあっている二匹の猫ちゃん達の写真 画像

ちなみに、
「じゃれる」を漢字で書くと、
「戯れる」となります。

「たわむれる」を漢字で書くと、
「戯れる」となります。
トルコ イスタンブールでじゃれる2匹の猫たち 片方がお腹を向けている

漢字で書いてしまうと、
「じゃれあって」いるのか、「たわむれて」いるのか
意味不明ですし、
難しい漢字ですので、
ひらがな表記で良いんじゃないでしょうか(笑)。

ただし、漢字は漢字でも、
簡単ながら、文脈を読まないと意味が取れない場合がありますね。

【彼は、行った。】
はて、果たして、


スポンサードリンク
  • かれは、それをおこなったのか。
  • かれは、そこにいったのか。

漢字で「彼は、行った。」
と書かれてしまうと、文脈をみてもわからないこともあります。

日本語の文字列表記の素晴らしさとは

日本語は、
表意文字としての漢字、
表音文字としての平仮名、カタカナ、アルファベット
の両方を兼ね備えていますね。

これらをすべてを、「日本語」という、ひとつの語のなかに持ち合わせているというのは、
世界的にもめずらしい言語です。
便利ですよね。日本語って。

だから、日本では活字が未だにずっと利用されてきていて、
識字率も、世界トップクラスというもの頷けます(うなずけます)。

恐らく、このじゃれあっている2匹の猫ちゃんたちは、
体格、性格、見かけの年齢、毛並み、毛の色からして、
一緒に育った兄弟同士でしょうね。

トルコ イスタンブールで二匹の猫が じゃれあった後、こちらを向いている写真 画像

ネコ語には文字は無いのかなー。。


スポンサードリンク
ちなみに、私の京都大学大学院の後輩である 加藤 将太 君が、
起業に役立つセミナーを開講しています。

その加藤将太くんが、
5月11日に千葉テレビの「池本克之の社長のホンネ研究所」という番組にて、
年間2000人が学ぶ日本最大級の起業スクールを運営する
「マーケティングコンサルタンツ株式会社」社長として出演しました。

私も、海外生活を成功させるために、彼のセミナーから、かなりの事を学んできました。

加藤 翔太 君 が主催するセミナーでは、【起業センス】測定というオンラインテストを、
本来は5000円実費がかかるところ、なんと現在のところ無料で受けることができます!

ちなみに、現在の私の【起業センス】は、【71】 です。
この【起業センス】を上げないで、
海外で起業して、独立・滞在しようとすると、
海外生活は、ほぼほぼ失敗します。

失敗して大金を失ってしまわないためにも、
まず、【起業センス】を上げる方法を加藤さんの無料セミナーで学んで、
↓↓起業センスがいくつになるか 挑戦してみてくださいね ↓↓


⇒こちらから無料で加藤将太さんの起業ビジネスセンスを測定してみる。


このページの先頭へ